だんでらいおん、『流星のアーカディア』体験版の第2弾を準備中とアナウンス。 ユーザーから寄せられた意見を元に修正も

■修正も加えられた体験版の第2弾

 ゲームブランドだんでらいおんは本日9月25日に、公式ツイッターにて新作『流星のアーカディア』の体験版2を準備中であることを明らかにしました。

 『流星のアーカディア』は原画を明音先生(『ぷちます! -PETIT iDOLM@STER-』などを担当するイラストレーター)、あかつきまお先生(ツイ☆てる、りんかねーしょん☆新撰組っ!など)、シナリオを玉沢円氏(前作『たいきみ』や『えれくと!』など)によって描かれる星と星が巡り会うアドベンチャー。

 公開が予定されている『流星のアーカディア』の体験版2では、現在公開されている体験版1でユーザーから寄せられた意見を元にちょこちょこと修正が加えられているとのことで、特に「字が小さい」と指摘があった点については読みやすく改善されているとのことです。改善も加えられてよりプレイしやすくなった体験版2の公開時期については、「もうちょっとしたら公開」とされています。

 ちなみに、『流星のアーカディア』の体験版は現在第1弾が公開中で、第1弾には物語の冒頭部分が収録されており、政府に変わり、『学園』が近隣の政治経済を掌握している時代。学生間の紛争は話し合いで解決できない場合、『決闘』で解決するという風習がある「玖麻礎学院」を舞台とした、最強の中二ストーリー(もちろん良い意味で)をひと足先に体験することができます。

 さらに、体験版には戸っ子ちゃきちゃき娘「矢嶋さとり」、文学少女「拝御いづみ」の2人のヒロインのHシーンも収録されています。『流星のアーカディア』の体験版はダウンロード支援サイト(Xgame Electronic Station、こころんにあるみらー ほか)にて配信中。DLファイルのサイズは1.66GB。

体験版をダウンロード – ダウンロード支援サイト

だんでらいおん公式サイト