Innocent Grey、サイコミステリィシリーズ最新作『虚ノ少女』本日9月20日から予約開始! 2013年2月8日発売予定

■イノグレ注目の期待作、本日予約開始

 本日9月20日から、Innocent Grey最新作となる『虚ノ少女』の予約受付が開始されました。『虚ノ少女』は2013年2月8日(金)発売予定で、全国のPCゲーム取扱店、ネットショップ ほかにて予約受付開始。価格は10,290円(税込)。

image (C)Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved. 虚ノ少女

 『虚ノ少女』はInnocent Greyのサイコミステリィシリーズ最新作となる作品。原画はもちろん杉菜水姫先生、シナリオも前作『殻ノ少女』と同じく鈴鹿美弥さんが担当。ボイスはフルボイス仕様となり、ヒロインの「茅原雪子」のキャラクターボイスは声優オーディションで決定した歩サラさんが担当。

 キャストは高橋がならないさん、道出翔さん、歩サラさん、かわしまりのさん、杏花さん、柚木かなめさん、葉村夏緒さん、機知通さん、森井花音さん、原田友貴さん、篠原ゆみさん、優稀澪さん、桧鶴まきさん、井村屋ほのかさん、香澄りょうさん、一色ヒカルさん、あじ秋刀魚さん、機知通さんとなり、主人公を含めたフルボイス仕様。

 『虚ノ少女』の公式サイトではストーリーや世界観、登場人物、イベントCGなどの情報が続々と公開中。また、Innocent Greyは明日9月22日に開催されるB.G.M Festival Vol.1に参加予定で、会場ではライブの他にも、グッズ販売や輪投げも予定されています。ライブの模様はニコニコ生放送でも配信(有料配信。12月末まで見放題)。

日本が戦争への道を歩み始めた、所謂戦前と呼ばれた時代。
北陸の雪深い山中に人形(ヒトガタ)と云う集落があった。
ヒンナサマと云う土人形を祀る奇妙な風習が残る此の地にて、
祭の夜にひとりの女が殺されていた。
村の者は口々にヒンナサマ祟りだと口にした。伝統ではない者が
ヒンナサマを祀ったが故に祟りに遭って殺されたと。

昭和三十二年、十二月。
朽木冬子が病室より攫われてから、およそ二年の歳月が過ぎていた。
時坂玲人の妹紫は、自殺を図ろうとしていた男を助ける。

この男こそ現在に黄泉帰った“ヒンナサマの祟り”の被疑者であった——

戦時を跨いで続く妄執を断ち切る為に時坂玲人は動く。
その胸の内に冬子への妄執を引き摺りながら——

同時期に動きを見せ始めた、六年前に解散した筈の宗教団体は
果たして何を画策しているのか——

祟りを為すのが天であろうとも、手を下すのは人である。
【虚ノ少女】
発売元PULLTOP
発売日2013年2月8日(金)
価格10,290円(税込)
ジャンルサイコミステリィADV
メディアDVD-ROM
原画杉菜水姫
シナリオ鈴鹿美弥

Innocent Grey公式サイト

 ※このページの画像の一部は、Innocent Greyの作品の素材を使用しています。 これらの素材を他へ転載することを禁止します。