あっぷりけ新作『Re:birth colony -Lost azurite-』のノベル版が10月に発売! 原作シナリオ森崎亮人さんによるアナザーストーリー

■蒼司とアズライトのアナザーストーリー
image (C)あっぷりけ

 美少女ゲームブランド「あっぷりけ」から2012年9月28日(金)の発売が予定されている少年少女の青色を巡るアドベンチャー『Re:birth colony -Lost azurite-』のノベル版が早くも発売されることが決定。

 ぷちぱら文庫(パラダイム)から『Re:birth colony -蒼影のアズライト-』が2012年10月末に発売されます。ノベル版を担当するのは原作シナリオライターの森崎亮人さん。イラストは原作原画の浅海朝美先生が担当。内容は蒼司とアズライトのアナザーストーリーとなり、本編とは違う立ち位置での物語になるとのことです。

 ぷちぱら文庫『Re:birth colony -蒼影のアズライト-』の仕様は、文庫判サイズ、ページ数256ページ。価格は670円(税込)。全国の書店、アマゾンなどのネットショップ ほか取扱店にて予約受付が開始されています。

 ストーリー:洋上に作られ、中央と外周という二重社会を抱えた半人工島型のアーコロジー「アクアリウス」。その外周の体制の1つである犯罪結社「ゲンチアナ」の長、藍玉の子飼いハッカーである竜胆蒼司は、中央の治安維持組織である「騎士団」が運んでいた荷物を途中で盗み出した。その荷物の中身は1つのデータ。それは正体不明の人工知能「アズライト」だった。そのアズライトを手にしてしまった事で、蒼司は大きな流れに巻き込まれていくことになる——。

【ぷちぱら文庫『Re:birth colony -蒼影のアズライト-』】
出版社パラダイム
発売日2012年10月末
価格670円(税込)
仕様文庫判、256ページ
著者森崎亮人
イラスト浅海朝美

Re:birth colony -蒼影のアズライト- – Amazon.co.jp

【美少女ゲームノベライズ】 パラダイム ホームページ

あっぷりけ Official Web Site  ※このページの一部にはあっぷりけが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)Applique