「今回はあまり間を空けずに出そう!と考えております」 コットンソフト次回作の企画が進行中

■コットンソフト次回作が進行中

 2012年7月に新・終末系恋愛アドベンチャー『終わる世界とバースデイ』を発売したゲームブランド「コットンソフト」は3日、次回作について企画が具体的に動きつつあることを明らかにしました。

image (C)コットンソフト

 コットンソフトの次回作については、9月に初めにコットンソフトのスタッフ日記「100%日記」にて“新作の企画も密かに動いている”とアナウンスされていましたが、今回の10月3日の日記では“具体的に動きつつある”とされており、次回作の企画が進んでいることが分かります。

 また、次回作について『ぐらタン』から『終わる世界とバースディ』までのリリース間隔がかなり空いたため、次回作では「あまり間を空けずに出そう!と考えております」とされています。『ぐらタン』がリリースされたのは2010年5月28日、そして『終わる世界とバースディ』がリリースされたのは2012年7月27日となります。

 ちなみに、それ以前のリリース間隔は2007年に『ナツメグ』『レコンキスタ』『ナギサの』の3本をリリース、その後は2009年1月に『アンバークォーツ』、2010年に『ぐらタン』がリリースされています。

コットンソフトからリリースされているタイトル
・2007年2月:ナツメグ
・2007年6月:レコンキスタ
・2007年12月:ナギサの
・2008年9月:ちょこっと!ファンディスク
・2009年1月:アンバークォーツ
・2010年5月:ぐらタン
・2010年10月:ちょこっと!ファンディスク2
・2012年7月:終わる世界とバースディ
コットンソフト公式サイト