tone work’s、『初恋1/1』鴇崎摩耶の追加シナリオの配信を開始 描き下ろしCGとシナリオの完全新規ストーリー

■追加シナリオは本日から配信開始

 ビジュアルアーツの美少女ゲームブランド「tone work’s」は5日、ビジュアルアーツ20周年記念作品『初恋1/1』鴇崎摩耶の追加シナリオ配信を開始しました。

 『初恋1/1』は、tone work’sから発売されている恋愛アドベンチャーゲーム。大好きな彼女と過ごすラブラブで青春な学園生活の物語が描かれている。告白してから結ばれるまでが序盤。中盤から終盤にかけて、キスして、デートして、初めてのエッチをして、そしてデートして。ヒロイン達とのラブラブを存分に楽しめる。

初恋1/1(いちぶんのいち)
image Amazon.co.jp

 本日から配信が開始された追加シナリオでは、主人公と同じクラスで馴れ合いを嫌う元・天才子役のヒロイン「鴇崎摩耶」にスポットが当てられており、内容は描き下ろしCGとシナリオで描写される完全新規ストーリーとなります。また、ヒロイン音声は完全フルボイス、すべて追加シナリオのための新録になるとのことです。

 今回の追加シナリオでは、鴇崎摩耶との一夏の思い出、ラブイチャとエッチな日々を楽しむことができるとのことです。

 追加シナリオは『初恋1/1』製品サイト内の特設ページにて無料配信されており、ダウンロードファイルの容量は追加シナリオのための新録ボイス仕様ということで大きめの284MBとなっています。

ストーリー
本編のifストーリー。
主人公と共に、大学進学を目指すことになった摩耶。
3年生の夏休み。2人は受験勉強に追われながらも、
恋人同士ならではの、甘い思い出を作ろうとして…?

 鴇崎摩耶の追加シナリオのプレイには『初恋1/1』がPCにインストールされている必要があり、追加シナリオを導入するとタイトルメニューに「APPEND」が追加され、そこからプレイできるとのことです。※項目は未クリア状態でも表示されるようです。

 また、追加シナリオを導入するとExtraのCG鑑賞・シーン回想に追加シナリオのCGとシーン枠が追加されるとのことです。

tone work’s公式サイト