minori、『夏空のペルセウス』ショートストーリー第2話を公開 主人公の前日譚を描いた内容で毎週連載中

■主人公の過去を見られるショートストーリー

 ゲームブランド「minori」は5日、同ブランドが12月21日に発売する『夏空のペルセウス』のショートストーリー「冬空のペルセウス」の第2回を公開しました。

 『夏空のペルセウス』はminoriから2012年12月21日の発売が予定されているインタラクティブ・ノベル。原画は柚子奈ひよさん、高崎まこさん、庄名泉石さん、シナリオ御影さん、鏡遊さん、竹田さんが担当。サウンドトラックCD+グッズが同梱された豪華版、特典なしのシンプル版の2種類が発売。

image (c)minori

 『夏空のペルセウス』のショートストーリーは、主人公・遠野森羅の前日譚をショートストーリー形式にしたもので、第2話となる今回は7ページ公開されています。

 ショートストーリーは数回に分けて連載されており、『夏空のペルセウス』の公式サイト内のキャラクターページにて配信されています。ショートストーリーは本編に繋がりそうな内容になるとのことなので、気になる方はチェック。次回は来週公開予定。

 『夏空のペルセウス』の主人公・遠野森羅は、学園の2年生で転校生。他人の「痛み」を自分に移す力を持っている。身寄りがなく、その力のせいで、過去何度も他人に利用されたり問題を起こしているが、それでも自分の力にはなにか意味があると信じている。ショートストーリーでは、そんな彼の過去が描かれています。

minori公式サイト