コットンソフト、第7作目となる次回作は学園物ではなくシリアス系になる可能性も

■コットンソフト次回作はシリアス系に?

 コットンソフトは1日、同ブランドが以前から企画中とアナウンスしていた新作について、シリアス系になる可能性があることを明らかにしました。

 これまでは「奇数作は学園物、偶数作はシリアス系」という流れとなっており、通常通りならば次回作は7作目ということで学園物となりますが、スタッフ日記にて「次の新作もシリアス系でいくのもありかなと思っている」とされており、理由については“方向転換が必要かな?と思ったのが大きい”とされています。

 また、ねこねこソフトが活動を再開したことで、コットンソフトはねこねこソフトとはまた別の、独自の道を模索しなければと思っているとのことで、気になる次回作については進捗があれば報告するとされています。コットンソフト新作に関する詳しい情報については続報が入り次第お知らせします。

 
image (C)コットンソフト

 コットンソフトから今年7月に発売された最新作『終わる世界とバースデイ』(上記画像の左)は第6作目・偶数作ということで、シリアスな内容となっています。ゲームのジャンルは新・終末系恋愛アドベンチャー。その前の第5作目は美少女変身ホームコメディ『ぐらタン』(上記画像の右)となります。

 そのほか、以前もお伝えしましたが、コットンソフト次回作の登場時期ついて、『ぐらタン』から『終わる世界とバースディ』までのリリース間隔がかなり空いたため、次回作では「あまり間を空けずに出そう!と考えております」とされています。

 コットンソフト新作に関する情報は公式サイト内のスタッフ日記「100%日記」に定期的に掲載されているので、気になる方はこまめにチェックしよう。

コットンソフト公式サイト

 ※このページの一部にはコットンソフト/ねこねこソフトが著作権を有する画像を使用しています。画像の転載は行わないで下さい