アペンドディスク『らぶらぼHeaven』は2013年2月22日発売予定 DL版とパッケージ版発売

■アペンドディスクの詳細が明らかに

らぶらぼ ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~ ゲームブランドboleroは21日、同ブランドが6月に発売した『らぶらぼ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~』のアペンドディスクで2013年初頭発売予定の『らぶらぼHeaven』の発売日を発表しました。

 アペンドディスク『らぶらぼHeaven』の発売日は2013年2月22日(金)を予定しているとのことで、価格はダウンロード版が2,800円(税別)、パッケージ版は未定とされています。

 アペンドディスクのスタッフは前作と同じくキャラクターデザイン・原画が本庄マサト先生、シナリオ監修は三ツ矢新さん、シナリオは神堂劾さん、駒井半次郎さんとなります。ちなみに、以前もお伝えしましたが、今作はアペンドディスクとなるため、ゲームの動作には『らぶらぼ』本体がインストールさている必要があります。

 そのほか、『らぶらぼHeaven』にはハーレムルートが追加され、前作では攻略できなかった真島サキルーツが追加されるとのことです。公式サイトでは新要素やイベントグラフィックなどが公開されています。

 ちなみに、DMM.R18では『らぶらぼ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~』本編のダウンロード版も販売中。価格はパッケージ版よりもお求めやすい7,140円(税込)に設定されています。

 『らぶらぼ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~』はboleroから2012年6月に発売されたアドベンチャーゲーム。一文無しになってしまった主人公を助けてくれたのは学園理事長代理のスク水白衣の女の子だったが、彼女はSM好きで……これまで調教なんて興味のなかった主人公の「昼はしがない小間使い、夜は新米ご主人様」という新たな学園生活が描かれています。

bolero公式サイト