シリーズ完結編『Tiny Dungeon~BRAVE or SLAVE~』本日からダウンロード販売開始

■完結編のダウンロード販売も開始

 美少女ゲームのダウンロード販売サイトGyutto.comは9日、Rosebleuが今年7月27日に発売した『Tiny Dungeon』シリーズ完結編『Tiny Dungeon -BRAVE or SLAVE-』のダウンロード販売を開始しました。

 『Tiny Dungeon -BRAVE or SLAVE-』のダウンロード版はGyutto.comでの先行独占販売となっており、ダウンロード版の価格はパッケージ版9,240円(税込)よりもお求めやすい6,800円(税込)に設定されています。

画像はTiny Dungeon BoSのイベントCG (C)Chartreux Inc.

 『Tiny Dungeon -BRAVE or SLAVE-』はRosebleuから2012年7月に発売されたアドベンチャーゲーム。2010年に発売された『Tiny Dungeon~BLACK and WHITE~』から続くシリーズ全4部作の完結編となる作品。原画は魚先生、久遠樹先生、観音王子先生、すずめみく先生の4名が担当しています。

 本日から配信が開始されたダウンロード版『Tiny Dungeon -BRAVE or SLAVE-』にはGyutto.comのポイント特典(ギュッポ)も用意されており、ポイントは最大647ギュッポ(10%還元)となっています。

 また、ダウンロード版の仕様はファイル容量が3.23GBとなり、動作環境はパッケージ版(発売中)と同じ(Pentium4 1GHz、1GBのメモリ、4.0GBのHDD、1280×720解像度、DirectX 9.0c以降)とされています。

 ちなみに、Tiny Dungeonシリーズは第1弾〜第3弾までのダウンロード販売も行われており、今回の『Tiny Dungeon ~BRAVE or SLAVE~』でシリーズ全4作のダウンロード販売が開始されたことになります。

Gyutto.com|Tiny Dungeon BoS(完結編)Rosebleu

Rosebleu公式サイト ※このページの一部にはRosebleu公式サイトの画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)Chartreux Inc.