ういんどみる10周年記念タイトル第2弾『ウィッチズガーデン』マスターアップ 11月30日発売で予約受付中

■こ〜ちゃ先生原画の10周年記念作!

 美少女ゲームブランド「ういんどみる」は14日、同ブランドが11月30日に発売するこ〜ちゃ先生原画の10周年記念作 第2弾『ウィッチズガーデン』が本日無事にマスターアップとなったことを発表しました。ういんどみる公式サイトではマスターアップを告知するイラストが掲載されています。

 『ウィッチズガーデン』は11月30日発売予定で、全国のPCゲーム取扱店、ネットショップ ほかにて予約受付が行われています。価格は9,975円(税込)。

画像はウィッチズガーデン (C)ういんどみる

 『ウィッチズガーデン 初回限定版』には豪華特典が満載。初回限定版には特典としてウィッチズガーデン原画集、Digital Sound Tracks「Witch」、Lycee ver. ういんどみる3.0 プロモーションカードが同梱されています。

 また、全国の対象店舗では予約キャンペーンも実施中で、期間中に対象店舗で予約した方には版権イラストや豪華ゲストイラストを多数収録した「ウィッチズガーデン フルカラーイラストブック」がプレゼントされます。

 『ウィッチズガーデン』はういんどみるOasis完全新作。四方を城壁で囲まれた観光都市「風城市」と、その中にある唯一の学園「風城学園」を舞台に、主人公と三人の魔女と一人の騎士の物語が描かれます。原画はこ~ちゃ先生、成瀬未亜先生(SD原画)、シナリオは保住圭さん、高嶋栄二さんが担当しています。

 『ウィッチズガーデン』には注目の新システム「E-mote(エモート)」が搭載されており、原画家こ~ちゃ先生の描き出すウィッチズガーデンのヒロインたちが、自然にそして可愛らしくアニメ。注目の「E-mote(エモート)」は動画サイトにて配信されているプロモーションムービー、体験版にて確認できます。

ウィッチズガーデン E-moteプロモーションムービー「日常」
こ~ちゃ先生が描き出すキャラクターが自然にアニメ

 『ウィッチズガーデン』の体験版はういどみる公式サイト、ダウンロード支援サイトにて配信されており、こ〜ちゃ先生による魅力的なキャラクター、舞台となる観光都市「風城市」や「風城学園」での生活などをひと足先に楽しめます。

 もちろんエッチシーンも収録されており、ストーリーにエッチ、そして「E-mote(エモート)」を実際に体験できる内容となっています。

体験版告知画像 (C)ういんどみる

ういんどみる | Windmill Official Web Site

 ※このページの一部にはういんどみるが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。