ボンボンカンパニー第2弾は21日発表 原画はルリノサカヅキ、シナリオは大三元

■注目の2作目は間もなく発表に

 美少女ゲームブランド「ボンボンカンパニー」は14日、ブランド2作目となる新作の始動を発表し、あわせて新作のティザーサイトを公開しました。

 ボンボンカンパニー2作目となる新作は、前作『貧は僕らの福の神』のルリノサカヅキ先生が原画、大三元さんがシナリオを担当するとのことで、詳細は来週12月21日発売のテックジャイアン2月号、PUSH!! 2月号にて発表されます。

 また、本日公開されたティザーサイトでは4人のキャラクターのシルエットが公開されています。公式サイトの本オープンも12月21日となるようです。

ティザーサイトに公開されている画像 ©ボンボンカンパニー

 ちなみに、前作『貧は僕らの福の神』は原画をルリノサカヅキ先生、IWASHITA先生、なるみすずね先生(SD)の3名、シナリオを大三元さん、七烏未奏さん、折畑啓助さんの3名が担当しています。

 『貧は僕らの福の神』はボンボンカンパニーから2012年8月に発売された貧乏の神さまとの同居を満喫しちゃうエロコメアドベンチャー。貧乏の神さまの少女や、学園のマドンナ的存在、超巨大財閥の御令嬢、オカルト研究会の部長を務める不思議系少女な女の子達とのボロボロ学生寮での共同生活が描かれています。

ボンボンカンパニー Official web site

 ※このページの一部にはボンボンカンパニが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)ボンボンカンパニー