Yatagarasuの運命操作ADV『古色迷宮輪舞曲』がコンシューマ化 機種未定で2013年発売予定

■運命操作ADVがコンシューマ化

古色迷宮輪舞曲~HISTOIRE DE DESTIN~ Yatagarasuから2012年7月に発売された運命操作アドベンチャー『古色迷宮輪舞曲 ~MISTOIRE DE DESTIN~』ですが、どうやら家庭用ゲーム機でも遊べることとなるようです。

 イエティは14日、『古色迷宮輪舞曲 ~MISTOIRE DE DESTIN~』のコンシューマ化を発表しました。また、コンシューマ化の発表にあわせて、コンシューマ版『古色迷宮輪舞曲 ~MISTOIRE DE DESTIN~』のティザーサイトも公開しています。

 『古色迷宮輪舞曲 ~MISTOIRE DE DESTIN~』は、Yatagarasuから2012年7月27日に発売されたアドベンチャーゲーム。本作は言葉(キーワード)を使って運命を操作する高難易度のアドベンチャーゲームとなり、原画は板垣みいこ先生 × 雪月竹馬先生 × たぢまよしかづ先生の3名が担当しています。

 今回待望のコンシューマ化が決定した『古色迷宮輪舞曲』ですが、機種については未定とされており、携帯ゲームハードでの発売なのか、据置ハードなのかも現時点では明らかにされていません。発売時期については2013年を予定しているとのことで、価格・仕様・新要素の有無なども現時点では未定となります。

 評価も高く、話題となった『古色迷宮輪舞曲』が待望のコンシューマ化。新要素はあるのかなど今後の情報に注目です。ちなみに、原作PC版は全国のPCゲーム取扱店にて販売中で、ダウンロード販売も行われています。

古色迷宮輪舞曲 – イエティ

Yatagarasu公式サイト