“アクション”機能の追加や演出・口パク調整など、『ウィッチズガーデン』のパッチファイル公開

■新機能の追加や不具合修正など

 美少女ゲームブランドういんどみるは7日、同ブランドが2012年11月30日に発売したこ〜ちゃ先生原画の10周年記念作『ウィッチズガーデン』の機能追加・修正・調整パッチファイルを公開しました。

画像はウィッチズガーデン (C)ういんどみる

 今回公開されたパッチでは、全てをクリア後に解放されるキャラモードでE-mote動作がみられるようになる「アクション」機能が追加され、ほかにも一部シーンでの演出・口パク調整、「片山よし子」のみE-mote無効が適用されない不具合などの修正、誤字・脱字の修正なども行われているとのことです。

 『ウィッチズガーデン』のパッチファイルは、ういんどみる公式サイト内のサポートページにて配布されています。ファイルサイズは15MB。

 今回公開されたパッチファイルでは、不具合修正や各種調整だけではなく、新機能も追加されるので、忘れずに適用しよう。ちなみに、パッチファイル適用後もセーブデータはそのまま利用できるとのことなので、安心して適用できそうです。

【パッチファイルの内容】
・全てをクリア後に解放されるキャラモードに「アクション」機能を追加
・GeForceFXシリーズ使用時に強制終了してしまう不具合を修正
・「片山よし子」のみE-mote無効が適用されない不具合を修正
・セリフの口パクを一部調整
・演出の一部調整
・誤字・脱字の修正
・その他、微細修正

Witch’s Garden[Single, Maxi] – Amzon.co.jp

ういんどみる | Windmill Official Web Site ※このページの一部にはういんどみるが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。