ファンディスクには後日談や裾野辺美波・河嶋蓉子の専用ルート収録 ―『終奏のオーグメント』2013年春発売予定

■ファンディスクの概要が公開

 美少女ゲームブランド「地雷ソフト」は15日、同ブランドが発売を予定しているファンディスク『終奏のオーグメント』の概要を明らかにしました。

 『終奏のオーグメント』は、地雷ソフトが2012年9月に発売したデビュー作『追奏のオーグメント』のファンディスクとなり、昨年12月に製作が発表され、1月8日にタイトルが『終奏のオーグメント』になることが発表されました。

画像は終奏のオーグメント製作告知 (C)地雷ソフト

 『終奏のオーグメント』には後日談が収録されるとのことで、梅川詩帆、陣紗月、裾野辺菜実のメインヒロイン3人に加え、要望の多かった「裾野辺美波」「河嶋蓉子」の専用ルートを完備しているとされています。さらに今回は「なんと我らがツッコミ王子にもとうとう日の目が当たって……?」とのことです。

 原画は雛咲先生に加えて、saxasa先生が参加しており、シナリオ・音楽は前作と同じく丸山剛さんとなるようです。『終奏のオーグメント』は2013年春発売予定。特設ページは現在制作中とされています。

 今回は以上の情報が公開され、ストーリーなどの詳しい情報は明らかにされていません。『終奏のオーグメント』に関する情報は続報が入り次第お知らせします。

 『追奏のオーグメント』は地雷ソフトから発売されたアドベンチャーゲームで、同ブランドのデビュー作となります。ディレクター/シナリオ/音楽は丸山剛さん、原画は雛咲先生が担当。全国のPCゲーム取扱店、ネットショップにて販売されています。価格は9,240円(税込)。また、ダウンロード版も販売中。

地雷ソフト公式サイト

 ※このページの一部には地雷ソフトが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)地雷ソフト