tone work’s、『初恋1/1』最後の追加シナリオの配信を開始 最後は森野雪乃アフターストーリー

■追加シナリオ第3弾配信開始

初恋1/1(いちぶんのいち) ビジュアルアーツの美少女ゲームブランド「tone work’s」は25日、同ブランドが2012年6月29日に発売したビジュアルアーツ20周年記念作品『初恋1/1』の追加シナリオ第3弾の配信を開始しました。

 本日から配信が開始されたのは、2012年10月の第1弾「摩耶“if”Summer Days」、2012年12月の第2弾「叶“between”Memorial Summer」に続く、『初恋1/1』追加シナリオの第3弾となり、今回が最後の追加シナリオとされています。

 第3弾でスポットが当てられるのは、恋に憧れるほんわか幼なじみ「森野雪乃」。タイトルは「雪乃“after”Promise Winter」。内容は本編のアフターストーリーとなり、無事に恋人に戻った雪乃との甘い冬の物語が描かれるとのことです。

 もちろん今回も描き下ろしCGとシナリオで描写され、ヒロインの音声は新録の完全フルボイスとなります。追加シナリオはこれまでと同じくダウンロード支援サイト、『初恋1/1』公式サイトにて配信されています。ファイルサイズ920MB。

【タイトル】雪乃“after”Promise Winter
【配信日】2013年1月25日
【ストーリー】本編のアフターストーリー。
       無事、恋人に戻った雪乃との甘い冬の物語。
       幼なじみではなく、恋人になった二人が初めて迎える、
       バレンタインデーや、雪乃の誕生日。
       それは、いつも以上に、特別な日になり…。

追加シナリオをダウンロード – ダウンロード支援サイト

tone work’s公式サイト