『BLOODY†RONDO』Windows8対応版のダウンロード販売が開始 ―最新OSに正式対応して再登場

■ダウンロード版が最新OSに対応

 2011年に発売された3rdEyeデビュー作で、同年からダウンロード販売が行われていた『BLOODY†RONDO』が最新Windows8に正式対応して再登場。

BLOODY†RONDO ~Windows8対応版~
画像はDMM.R18

 Gyutto.com、DMM 他ダウンロード販売サイトは2月8日、『BLOODY†RONDO ~Windows8対応版~』の販売を開始しました。『BLOODY†RONDO ~Windows8対応版~』の価格はお求めやすい4,800円に設定されています。

 『BLOODY†RONDO ~Windows8対応版~』はWindows8以外にXP/Vista/7にも対応しており、これまでのOSを使用している方も問題なく遊べます。動作環境は変更なしで、Pentium4 1.3GHz以上のCPU必須、512MB以上のメモリ必須(Vista/7/8は768MB以上)、DirectXは8.0a以降などとなります。

 『BLOODY†RONDO』は、昨年『死神のテスタメント』を発売し、今年4月には最新作『幻創のイデア』を発売するPCゲームブランド「3rdEye」のデビュー作。吸血鬼への復讐を誓った主人公、美少女吸血鬼、新米ハンター、人造吸血鬼たちによる熱いバトル満載の伝奇バトルサスペンス。

 パッケージ版は全国のPCゲーム取扱店、ネットショップ ほかにて販売中。パッケージ版の価格は9,240円(税込)となります。

BLOODY†RONDO ~Windows8対応版~ – DMM.R18

3rd Eye Offical Wesite