ボンボンカンパニー、『貧は僕らの福の神』Windows8対応アップデータを公開 ―32/64bit版に対応

■最新OSに対応するアップデート

 ボンボンカンパニーは2月11日、同ブランドが2012年8月に発売したデビュー作『貧は僕らの福の神 ~貧乏の神さまだって幸せになりたいと思っているのだ~』のWindows8対応用修正ファイル「1.01aアップデータ」を公開したことを発表しました(ファイル自体は7日から配信中)。

画像は貧は僕らの福の神 ~貧乏の神さまだって幸せになりたいと思っているのだ~ ©ボンボンカンパニー

 今回公開されたアップデータはタイトルの通り、『貧は僕らの福の神』を最新OSであるWindows8に対応させるアップデータ。今回のアップデータWindows8は32bit版/64bit版の両方に対応され、最新OSにアップグレード、最新OSを搭載したPCに買い替えた方も問題なくゲームをプレイできるようになります。

 Windows8対応用修正ファイル「1.01aアップデータ」にはこれまでの修正ファイルの内容——プロローグ部分をスキップする機能を追加、立ち絵鑑賞モードの不具合を修正、演出を修正 / 調整も含まれています。

 修正ファイルの適用方法はPCにパッケージ版『貧は僕らの福の神』がインストールされていることを確認し、「BINBO_UPDATE_101a.zip」を展開して取り出した「BINBO_UPDATE_101a.exe」を実行。アップデートプログラムが起動し、メッセージに従いアップデートとなります。

 修正ファイルはダウンロード支援サイト(Holyseal ~聖封~、リディストリビュ~ション)にて配信中。ダウンロードファイルのサイズは20.5MB。

【アップデート内容】
・Windows 8(32/64bit版)に対応
・Ver. 1.01にて修正した以下のアップデート内容
 ・プロローグ部分をスキップする機能を追加
 ・立ち絵鑑賞モードの不具合を修正
 ・演出を修正 / 調整

修正ファイルをダウンロード – ダウンロード支援サイト

ボンボンカンパニー Official web site

 ※このページの一部にはボンボンカンパニーが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)ボンボンカンパニー