エスクード10周年記念作品『乙女恋心プリスター』、『乙女恋心プリスター FANDISC』本日からDL販売開始

■10周年記念タイトルDL販売が開始

 エスクードから2010年に発売された10周年記念タイトル『乙女恋心プリスター』。3人の主人公によるストーリー・多数登場する魅力的なキャラクター・育成要素・バトルなど10周年記念作にふさわしい内容・ボリュームとなった作品ですが、本日2月8日からダウンロード版の販売が開始されました。あわせて、そのファンディスクのダウンロード販売も開始されました。

画像は乙女恋心プリスターFANDISC (C)Escu:de

 DMMは2月8日、エスクードから2010年に発売された恋愛育成バトルSLG『乙女恋心プリスター』と、そのファンディスク『乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~』のダウンロード販売を開始しました。

 ダウンロード版はDMM.R18での独占販売となっており、『乙女恋心プリスター』が3,990円、『乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~』は2,940円と、どちらもパッケージ版よりもお求めやすい価格に設定されています。

 『乙女恋心プリスター』は、エスクードから2010年1月29日に発売された10周年記念タイトル。原画は光姫満太郎先生、はなたかれとも先生、水鼠先生、こもわた遙華先生(ミニキャラクター原画)が担当しており、3人の主人公による異なる視点からの物語が描かれた大ボリュームの作品となっています。

 ゲームのジャンルは恋愛育成バトルシミュレーションということで、育成やバトルなど遊べるシステムがポイント。特訓やクエスト、訓練試合など週初めにスケジュールを決めて成長、週末に行われる大会バトル(コマンド入力型のターン性)で勝利、日曜日にはイベントが発生といった流れの内容となります。

画像は乙女恋心プリスターの戦闘画面 (C)Escu:de

 また、『乙女恋心プリスター』はクリアセーブデータの引き継ぎも可能となるなど、やりこみ要素も盛り込まれており、クリアした後もまだまだ楽しめる仕様となっています。下の動画はゲームの内容を紹介するもので、スケジュールを決定してパラメータがアップする様子、戦闘シーンの様子などを確認できます。

乙女恋心プリスター(ゲーム紹介)
内容を実際のゲーム画面で紹介

 続いて、『乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~』は2010年7月30日に発売されたファンディスク。12人のヒロイン達とエンディングを迎えた後のアフターストーリー、サブキャラクターとのアナザーストーリーなど、イチャラブエッチなシナリオが19本が収録されています。

 ファンディスクにはハーレムストーリーも収録されており、『乙女恋心プリスター』本編を楽しんだ後にヒロインたちとのラブイチャを楽しむことができます。

 『乙女恋心プリスター FANDISC』は全国の取扱店でまだ販売されていますが、『乙女恋心プリスター』本編は既にロットアップとなっており、一部店舗では販売が終了されています。これからゲームをプレイしたい方はお求めやすい価格なうえに、好きな時に手軽に購入できるダウンロード版をお勧めします。

乙女恋心プリスター – DMM.R18

乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~ – DMM.R18

エスクード公式サイト

  ※このページの一部にはEscu:deが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。