地雷ソフト、ファンディスク『終奏のオーグメント』のマスターアップを告知 ―4月19日発売で予約受付中

■ファンディスクがマスターアップ

 地雷ソフトは3月27日、同ブランドが2013年4月19日に発売するPCゲーム『終奏のオーグメント』がマスターアップとなったことを発表しました。

画像は終奏のオーグメント (C)地雷ソフト

 『終奏のオーグメント』は、地雷ソフト処女作『追奏のオーグメント』のファンディスク。メインヒロイン3人の後日談に加え、要望の多かった裾野辺美波、河嶋蓉子の専用ルートを完備。さらにオーグメントとのエッチシーンや、ツッコミ王子・小林慶太にスポットが当てられたお話しなども収録予定。

 原画は雛咲先生、saxasa先生、シナリオ・音楽は前作と同じく丸山剛さんが担当しています。WindowsXP/Vista/7/8対応。

 『終奏のオーグメント』は2013年4月19日発売予定で、全国のPCゲーム取扱店、ネットショップにて予約受付中。価格は5,040円(税込)。特典にはフルバージョンのイメージソングを収録したサウンドトラックが付属しています。

 『追奏のオーグメント』(前作)は地雷ソフトから発売されたアドベンチャーゲームで、同ブランドのデビュー作。ディレクター/シナリオ/音楽は丸山剛さん、原画は雛咲先生が担当。全国のPCゲーム取扱店にて販売されています。

 主人公は既に80を超える老齢となり、生きる目的を失った。「もう一度青春時代を過ごせたなら」と願いながらこの世と決別した。意識が途切れる直前、「ボクがその願いを叶えてあげる」という声が耳に入った。目を覚ました主人公は驚愕する。そこは60年前の世界で、身体も若返っていた。

地雷ソフト公式サイト

 ※このページの一部には地雷ソフトが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)地雷ソフト