アリスソフト、『パステルチャイム3 バインドシーカー』アップデータVer.1.02公開 ―いくつかの不具合を修正

■アップデータVer.1.02が公開

パステルチャイム3 バインドシーカー 【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】 予約特典あり アリスソフトは3月1日、同ブランドが2013年2月15日に発売したシリーズ最新作『パステルチャイム3 バインドシーカー』のアップデータVer.1.02を公開しました。

 今回公開された『パステルチャイム3 バインドシーカー』のアップデータVer.1.02はパッケージ版・ダウンロード販売版共通のプログラムとなっており、更新前のセーブデータはそのまま利用できるとのことです。

 今回のアップデータではマリイベント『哀しき鉄拳』の戦闘後に差分イベントが再生されていなかった問題、ブラックカオス医院で装備しているアビリティの説明が表示されなくなる事がある問題、パラメータが0以下の時に強化/弱化スキルを使用されると表示が逆になる問題などが解決されます。

 また、今回のアップデータには前回のアップデータVer.1.01の内容も含まれています。『パステルチャイム3』のアップデータはアリスソフト公式サイト内のサポートページにて配信されています。ファイルサイズは2.7MB。

【アップデータVer.1.02の修正内容】
・マリイベント『哀しき鉄拳』の戦闘後に差分イベントが
 再生されていなかったのを修正
・ブラックカオス医院で装備しているアビリティの説明が
 表示されなくなる事があるのを修正
・パラメータが0以下の時に強化 / 弱化スキルを使用されると表示が逆になる事を修正
・スキル『ノーザンクロス』を移動後に使用できないように変更
・ヴァーミリオンのパラメータを調整
・ヤンキーのパラメータ調整
・一部スキル名を変更
・素早さに対する強化 / 弱化スキルの説明に俊敏性と表記されていた事を修正
・マニュアルの修正
・アビリティの説明の誤字を修正 ・誤字修正

アリスソフト 公式サイト