『イノセントバレット』アップデートVer1.01が公開 ―効果音が鳴り続ける現象を修正

■最新アップデータが公開

 株式会社ネクストンの新規ブランド「CINEMATOGRAPH」(シネマトグラフ)は8月28日、同ブランドが2013年8月23日に発売した新作PCゲーム『イノセントバレット』のアップデートプログラムを公開しました。

 本日公開されたアップデートプログラムのバージョンは「1.01」。適用することで、特定箇所および特定状況において、意図せず効果音が鳴り続ける現象が修正されます。アップデートプログラムのサイズは2.1MB。公式サイトにて配信中。

 
画像はイノセントバレット (C)CINEMATOGRAPH

 アップデート適用方法、ダウンロードしたファイル「i_bullet_100to101.exe」を実行。アップデートプログラムが起動し、画面に従ってアップデートとなります。詳しい適用方法はCINEMATOGRAPHユーザーサポートページに記載されています。

 今回のアップデートプログラムでは一部のスクリプトが変更される関係上、アップデート前に使用されていたセーブデータについては、セーブ箇所によっては使用出来ない可能性があるとのことです。適用の際には注意が必要です。

 『イノセントバレット』は、株式会社ネクストンの新規ブランドCINEMATOGRAPHのデビュー作となるPCゲーム。シナリオ・昏式龍也/七海真咲/芯戯社、原画・大崎シンヤによって描かれるタクティカルガンガールアドベンチャー。

 “生体兵器”という次世代のテロの脅威が降りかかり、安全神話が崩れつつある日本を舞台に、警視庁の特殊部隊に所属する異能“特異点”を持った少女たちと、異能“特異点”に目覚めた主人公によるテロとの戦いが描かれています。

【アップデート内容】
・特定箇所および特定状況において、意図せず効果音が鳴り続ける現象を修正

CINEMATOGRAPHオフィシャルサイト

 ※このページでは一部 NEXTON-NET の画像を使用しています。素材の著作権はNEXTONに帰属します。これらの素材等を他へ転載する事を禁じます。 (C)CINEMATOGRAPH