らぶらぼスタッフによるeRONDOデビュー作『こいなか』本日正式発表 ―公式サイトオープン

■デビュー作が本日正式発表

 新規ブランドeRONDO(イーロンド)は8月21日、デビュー作となる『こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-』を正式発表し、公式サイトを公開しました。

 『こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-』は2014年春発売予定。2012年に発売された人気作『らぶらぼ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~』(bolero)を手がけた本庄マサトさん、三ツ矢新さん、神堂劾さん、駒井半次郎さんによって描かれる新作アドベンチャーゲーム。

 今作はタイトルからも想像出来る通り小田舎が舞台。原画・本庄マサト先生による可愛いヒロインたちとのエッチなラブストーリーが描かれた作品となっています。本日正式公開された公式サイトではコンセプトやキャラクターなどが紹介されています。

画像はeRONDO公式サイト

 「eRONDO」は、三ツ矢新さんが代表を務める新規美少女ゲームブランド。公式サイトには三ツ矢新さんのコメントが掲載されており、eRONDOでは“「あの娘が可愛くて、ついつい(性的な意味で)いじめたくなる、快感にトロける顔を見たくなっちゃうんだよおおおおおお」というアノ感じを追求する”とされています。

 ※『らぶらぼ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~』は、boleroから2012年に発売されたPCゲーム。調教なんて興味のなかった主人公の「昼はしがない小間使い、夜は新米ご主人様」な学園生活が描かれた学園SM調教作品。原画は本庄マサト先生、シナリオは三ツ矢新さん、神堂劾さん、駒井半次郎さん。

画像はeRONDO

eRONDO Offical Site