『恋剣乙女ファンディスク』が正式発表 ―サブキャラ昇格最後の1枠を決めるアンケートも

■恋剣乙女、新プロジェクトが始動

 eufonieは8月9日、同ブランド最新作となる『恋剣乙女ファンディスク(仮)』の制作を正式発表し、サブキャラクター昇格アンケートを開始しました。

 8月1日に放送されたニコニコ生放送「頑宣ch」で先行公開された『恋剣乙女ファンディスク』が本日正式に発表されました。『恋剣乙女ファンディスク』は、本編でサブキャラクターだった市倉千春、湊志保の2名が攻略ヒロインに昇格し、本編では描かれなかったコトナ討伐のストーリーも収録予定とされています。

画像はeufonie公式サイト

 『恋剣乙女ファンディスク(仮)』の公式サイトではファンディスクの制作決定告知のみとなり、収録内容などについては掲載されていません。

 本日の正式発表にあわせてサブキャラクター昇格アンケートも開催。市倉千春、湊志保に続くサブキャラクター昇格最後の1枠をユーザーアンケートで決定。最後の1枠をかけて争うのは、藤森香澄、千代田麻理、伏見つばさ、小林麗の4名。

 投票方法は公式サイト上の投稿フォーム、Twitter投稿の2種類が用意されており、それぞれ参加した方には抽選で賞品がプレゼントされます。公式サイト投票の賞品は立羽先生描き下ろしサイン色紙、安国茜牛コスプレ抱枕カバー、イヴ虎コスプレ抱枕カバー、市倉千春B2タペストリー、湊志保B2タペストリー。

 Twiter投票は8月16日、8月23日、8月30日の各22:00〜23:00の計3回実施。各回賞品として立羽先生描き下ろしサイン色紙が予定されています。参加方法は期間中に昇格を希望するキャラクターとキャラに対しての熱いコメント、もしくはファンディスクに望むことを「#koikenFD」のハッシュタグを付けて呟くだけ。

画像はサブキャラ昇格アンケートページ

 『恋剣乙女』は、eufonie第3弾タイトルとして2012年12月に発売されたPCゲーム。導力使いが通う超エリート校 『樫ノ森学園』に入学し、世界初の超能力が目覚めた主人公と、そこで出会うヒロイン達との熱くて、カッコ良くて、エッチな物語が描かれています。

 原画は『fortissimo』シリーズ(La’cryma)、『D.C.II Spring Celebration』などの立羽先生が担当しており、美麗CGはetude作品でお馴染みの植田リョウ先生完全監修。シナリオはAXL作品でお馴染みの長谷川藍さんが担当しています。

eufonie Official Web Site