せせなやう×若瀬諒によるGLacé第1作目『Timepiece Ensemble』12月発売で予約開始

■本日から予約受付スタート

 GLacéから2013年12月6日の発売が予定されている新作PCゲーム『Timepiece Ensemble(タイムピース アンサンブル)』の予約受付が本日から全国のPCゲーム取扱店、ネットショップにて開始されました。価格は9,240円(税込)。

 『Timepiece Ensemble(タイムピース アンサンブル)』は、新規ブランドGLacé第1作目となるPCゲーム。『1/2 summer』(ALcotハニカムから2012年発売)の原画・キャラクターデザインを担当したせせなやう先生、シナリオ若瀬諒さんによる最新作。音楽は大川茂伸さん。ジャンルは時を駆けるADV。

画像は『Timepiece Ensemble』商品ページ

【ストーリー】

文化祭前日、学園内では生徒たちが忙しく行き来する。
もちろん主人公【鳥越多輝】が所属する【賽の目クラブ】でも文化祭の準備に追われていた。

多輝は最後の買い出しをすべく、いつも利用しているディスカウント・ストアへと向かうが、
その途中の近道である裏路地で、新しい雑貨屋を見つける。

その名も【機巧屋】。

「こんな所に、こんな店あったっけ?」
きっかけはそんな気軽な動機だった。
店に入ると、多輝を出迎えたのは一匹のしゃべる猫だった。
テトメトと名乗るその猫は多輝から買い物メモを受け取ると、そのすべてを用意してくれる。値段も格安。
手間が省けたと喜ぶ多輝に、店の主人【黒翼】が出てきて最後に「時間を買わないか」と聞いてくる。
なんだそれはと思う多輝だが、今学園は文化祭の準備で大忙し。
何とはなしに「あと一日あれば文化祭の準備がちゃんとできるのに」とつぶやいてしまう。
すると黒翼は「毎度有り」と言って、多輝を送り出すのだった。

結局この日は多輝の予想通り、文化祭の準備は終わらなかった。
賽の目クラブの部員たちはみんなで部屋に泊まる事に。

明日はいよいよ文化祭初日。
まだ間に合わない部分もあるけれど、準備しながら頑張ろうと心を一つにする。

翌日、目が覚める部員たち。
銘々が歯を磨き、顔を洗い……そして、文化祭の準備を始める。

そう、今日は文化祭の前日であり、明日からは文化祭が始まる。
「あと一日あれば文化祭の準備がちゃんとできるのに」
そう、一日増えているのである。そしてそれに気付いたのは、多輝だけなのである。

こうして、不思議な文化祭がはじまるのだった。

【タイトル】Timepiece Ensemble -タイムピース アンサンブル-
【ブランド】GLace
【発売日】2013年12月6日
【価格】9,240円(税込)
【ジャンル】学校に泊まろうADV
【対応OS】Windows XP/Vista/7/8
【メディア】DVD-ROM

【原画】せせなやう
【シナリオ】若瀬諒
【音楽】大川茂伸

Timepiece Ensemble -タイムピース アンサンブル- – Getchu.com

GLacé / Galette