TOPCATの名作“完全版” ―『果てしなく青い、この空の下で…。』完全版のDL販売が開始

■伝奇ミステリーの傑作

 TOPCAT(トップキャット)から2000年に発売され、コンシューマや小説などにも展開された名作美少女ゲーム『果てしなく青い、この空の下で…。』。キャラクターボイスを追加し、2009年に発売されたPC完全版がダウンロード版となって登場。

 DMMは10月11日、『果てしなく青いこの空の下で…。[完全版]』のダウンロード販売を開始しました。ダウンロード版はDMM独占販売となり、価格はパッケージ版よりもお求めやすい3,801円(パッケージ版は税込5,040円)に設定されています。

ワルキューレロマンツェ[少女騎士物語]
画像は果てしなく青いこの空の下で…。[完全版]

 『果てしなく青いこの空の下で…。』は、TOPCATから2000年に発売された美少女ゲーム。原画たかみち先生×シナリオ鷹取兵馬さんによる田舎学園物+ホラー、ノベルADVとなり、2002年にプレイステーション移植版『どこまでも青く…』、2009年には音声を追加したPC完全版が発売されました。

 本日から販売が開始されたのは音声が追加された完全版。ダウンロード版ということで、パッケージの置き場や売り切れを気にすること無く、気軽に購入して、手軽に楽しむことが出来ます。ダウンロード版はWindows 2000/XP/Vistaに対応。

 『果てしなく青いこの空の下で…。[完全版]』はパッケージ版も発売中。全国のPCゲーム取扱店にて販売されています。パッケージ版には同梱特典として、デジタル原画集+録り下ろしボイスドラマ+主題歌&サントラの豪華コンテンツを収録した「スペシャルコンテンツCD-ROM」が同梱されています。

【ストーリー】

始まりは安曇学園の閉鎖だった。
いつか……。ふと思ったことがある。
俺の胸の中で永遠に繰り返されるだろうこの物語は実は俺たちだけが見た幻ではないだろうか…。

安曇学園が閉鎖となったこの年、俺たちはうつりゆく季節の中でお互いの大切さを確認し合った。
現実とも言えないあの時間の中では、それだけが自分を確認できる唯一の手段だった。
だが、他人は言う。
「そんなことは何もなかった。お前は幻を見たのだ」と。
それでいいのかもしれない。
夢であれ幻であれ、俺はこの事を忘れはしない。
彼女が俺を優しい笑顔で見つめてくれるのなら、俺は何よりもそれが一番大切だから。

【独占】果てしなく青いこの空の下で…。[完全版] – DMM

TOPCAT OFFICIAL WEBSITE