エウシュリー、最新作『天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA』を発表 ―初のリメイク作品

■エウシュリー初のリメイク作品

 エウシュリーは11月20日、同ブランド最新作となる『天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA』を発表し、公式サイトを公開しました。本作は1999年に発売された『戦女神』の史実設定を受け継ぎつつ、新要素を投入したリメイク作品。

 2014年春の発売が予定されており、価格は9,936円(税込)となります。原画は鳩月つみき先生、やくり先生、みつき先生、うろ先生、よしだたくま先生、シナリオは高杉九郎さん、矢田影見さん、箱十さんが担当します。ジャンルはRPG。

画像は本日公開された『天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA』公式サイト

 エウシュリー初のリメイク作品となる本作。戦闘や街勢力のシステム、新キャラクターなど、シリーズ続編と同じように新要素が投入され、原作の流れを楽しむことはもちろん、新展開を開拓できるなど、原作+それ以上の新規ストーリーやマップを盛り込んだ、エウシュリー流のリメイク作品になっているとのことです。

 ストーリーではセリカ以外のキャラクターが主人公となる章展開やifルート展開と結末、新キャラクターのイベント、親睦イベント、街勢力クエスト、カドラ廃坑のもう一つの真実編など、原作の倍以上のボリュームを追加しているとのことです。

 本日公開された公式サイトでは、本作の新要素、登場キャラクター、イベントCG(Hシーンを含む10枚)、ゲームシステム、製品情報などが紹介されています。気になるキャストについては現時点では未定となり、決定次第発表されます。

 正式発売日は来月あたりに発表される予定で、来月にはムービーの公開やキャンペーンの告知も予定しているとのことです。詳しい情報は続報が入り次第お伝えします。

【タイトル】天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA
【ブランド】エウシュリー
【発売日】2014年春発売予定
【価格】9,936円(税込)
【ジャンル】RPG
【対応OS】Windows XP/Vista/7/8
【メディア】DVD-ROM

【原画】鳩月つみき、やくり、みつき、うろ、よしだたくま
【シナリオ】高杉九郎、矢田影見、箱十
【BGM】未定
【主題歌】未定

エウシュリー公式サイト