『Hyper→Highspeed→Genius ジーニアスパック』のDL版が登場 ―DMM独占で販売開始

■HHGのDL販売が開始

 ういんどみる最新作『HHG 女神の終焉』が本日11月29日に発売されたのに合わせて、今年7月に発売された『Hyper→Highspeed→Genius ジーニアスパック』のダウンロード販売が開始されました。ダウンロード版はDMM独占販売となり、価格はパッケージ版よりもお求めやすい5,800円(税込)に設定されています。

画像はHyper→Highspeed→Genius ジーニアスパック (C)ういんどみる

 『Hyper→Highspeed→Genius』は、ういんどみるから2011年に発売されたPCゲーム。世界を守護する役目を担う者「ジーニアス」を育成する学園を舞台に、世界を変えるため世界の全てを手に入れようと望む主人公と、学園に通う少女たちの物語が描かれています。

 キャラクターデザイン・原画はミヤスリサ先生、ユキヲ先生。シナリオはサイトウケンジさん、三日堂さん、深山ユーキさん。BGMは羽鳥風画さん(studio CHANT)。

 本日からダウンロード販売が開始された「ジーニアスパック」は、2013年7月に新価格で発売されたリニューアルパッケージ版。数々の版権イラストが閲覧出来るギャラリーモードが追加されています。※ゲーム本編の内容に変更はありません。

Hyper→Highspeed→Genius オープニングムービー

 本日11月29日には『Hyper→Highspeed→Genius』のテイストを色濃く継承した完全新作『HHG 女神の終焉』も発売されました。新しい世界を舞台に、新しいキャラクター、新たなる敵が登場。前作のプレイ経験や予備知識などを一切必要とせず、全ての方がまっさらな気持ちで新鮮にプレイ出来る作品となります。

画像はHHG 女神の終焉 (C)ういんどみる

【あらすじ】
一般的よりも高い才能や、特殊な能力を持ち、世界を守護する役目を担う者――その名を‘ジーニアス’という。
この世界には、そんな彼らを健全に育成するために設立された三つの‘学園’があった。
‘ニッポン’中のジーニアスを集めた学園『私立皐月学園』
世界中からジーニアスを集めた女学園『聖ジュライ学園』
世界を‘裏側’から支える者たちの学園『国立水無月学園』
学園の努力もあって、一般人とジーニアスは共存し、世界は平穏に満ちていた。
そんなある日のこと。
ジーニアスの能力を強化する秘宝‘ノア’が発見されたことで、事態が一変する。
「ノアを手にした聖女、世界を統べる世界長となるであろう」
この言い伝えを信じた三学園の学園長は、自分の学園の‘会長’こそが相応しいと主張を始めた。
長い長い協議の結果、三つの学園を統合し、そこで開かれる‘会長選挙’により、どの会長が‘世界長’に相応しいのかを決めることになる。
統合後の学園の名は『私立葉月学園』。
そこに一人の青年がいた。
この世界を変えるため、世界の全てを手に入れようと望む青年・明智久司朗である。
秘法を手に入れるべく暗躍を開始した彼は、悪魔‘メフィスト’と契約。
その力をもって会長候補を口説き、籠絡し、そして支配しようとした。
しかし、久司朗は利用しているはずの彼女たちに別の感情を抱くようになってしまう。
その感情とは――
馬鹿な、この俺が恋など!
そう、恋である。
焦れば焦るほどドツボにハマる久司朗。
はたして、彼の目的と恋の行方はどうなってしまうのだろうか?

Hyper→Highspeed→Genius ジーニアスパック – DMM

ういんどみる | Windmill Official Web Site

 ※このページの一部にはういんどみるが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。