ななかまい原画の『イノセントガール』Hシーンも収録した体験版が公開! ―タッチパネル操作に最適化

■体験版の配信がスタート

 フロントウイングは12月20日、同ブランドが2014年2月28日に発売する新作PCゲーム『イノセントガール』の体験版を公開しました。体験版はダウンロード支援サイト(Holyseal ~聖封~、パソコンショップMK札幌駅前店 ほか)にて配信されています。

 体験版には物語の冒頭部分が収録されており、「ドリーム荘」での生活をひと足先に楽しむことができます。なかまい先生による可愛いキャラクター、シナリオライター陣によって描かれる世界観に注目です。体験版にはお楽しみのHシーンも収録されています。

 また、本作はタッチパネルに最適化(メニュー内から設定可能)されており、“左から右へスワイプ”でタッチメニュー表示、“下から上へスワイプ”でテキスト履歴表示が可能となっています。前作『グリザイアの楽園』はタッチパネルでの操作が少々面倒でしたが、本作ではタッチパネル端末でも快適にプレイすることが可能となっています。

画像は『イノセントガール』公式サイト

 体験版に収録されているHシーンは6種類で、本編中に2回、体験版メニューのおまけから4種類(綾代かがり、七海雛子、御堂このか、逢坂鼎)を楽しむことができます。

 『イノセントガール』は、ピュアガールの原画/キャラクターデザインを担当したななかまい先生原画のフロントウイング最新作。芸術学園の寮「ドリーム荘」を舞台に、一癖も二癖もある同居人たちとの、ひとつ屋根の下での生活が描かれます。

 シナリオは七央結日さん、かづやさん、桑島由一さん、森崎亮人さん(いちごH・橘ぱんさん)が担当。BGM制作は藤田淳平さん(Elements Garden)。

体験版をダウンロード – ダウンロード支援サイト

フロントウイング公式サイト