『乙女理論とその周辺』通常版の発売が決定 ―アペンドディスク付き限定版はロットアップ済み

■Standard Editionが登場

 Navel(ネーブル)は1月31日、同ブランドが2013年7月26日に発売したPCゲーム『乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-』のStandard Edition(通常版)の発売が決定したと発表しました。Standard Edition(通常版)は順次発売予定。本日から公式通販での予約受付が開始されました(公式通販は2月28日発売)。

 Standard Editionに収録される本編は修正パッチ適用済みの最新版ver1.2となり、動作環境、ゲーム内容に変更はないとのことです。また、Limited Edition(限定版)に同梱されていたアペンドディスク(『月に寄りそう乙女の作法』小倉朝日フルボイス、アフターストーリー、衣遠兄様の華麗なる一日)、ファンタズマゴリアPRカードは付属しません。

 Limited Edition(限定版)は既にロットアップとなっており、店頭在庫分のみの販売で終了となります。Limited Edition(限定版)はまだ多くの店舗で購入することが可能で、公式通販でも在庫ありとなっています(1月31日午前11時45分時点)。

画像はNavel公式サイト

 『乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-』は、Navelから2012年に発売された『月に寄りそう乙女の作法』の続編となる作品。主人公の実妹「大蔵りそな」がメインヒロインに昇格。フィリア女学院パリ本校を舞台に、新たなヒロイン・新たなキャラクターたちとの物語が描かれています。原画は鈴平ひろ先生、西又葵先生。

Navel公式サイト