魂(コード)を解読せよ! ―ゆずソフトから2007年に発売された『E×E』ダウンロード販売が開始

■ダウンロード販売開始

 ゆずソフトから2007年に発売されたPCゲーム『E×E』(エグゼ)がダウンロード版となって登場。DMMは3月14日、『E×E』のダウンロード販売を開始しました。ダウンロード版の価格は2,625円(税込)。※パッケージ版の価格は8,800円(税抜)。※パッケージ版は既にロットアップしており、入手が難しくなっています。

画像は『E×E』(c)YUZUSOFT/JUNOS INC.

 『ぶらばん!~The bonds of melody~』(2006年発売・ダウンロード版は2011年7月配信開始)に続き、ゆずソフト作品のダウンロード販売タイトル第2弾として、『E×E』が登場。『ぶらばん!~The bonds of melody~』ダウンロード版と同様に最新OSに対応しており、今回はWindows8にも対応しています。

 動作環境はPentiumIII 800MHz以上のCPU、256MB以上のメモリ(Vista/7/8は512MB以上必要)、解像度800×600以上・16bit/ハイカラー/65536色以上表示可能なグラフィック機能必須、DirectXは9.0以上が必要です。

【作品紹介】

火事が起こった。
八坂総合病院で起こったその火事は、付近を巻き込むほどの大火災となって沢山の被害をもたらした。
そこには、とある研究のために病院で働いていた伏見籐矢の母親、伏見鈴乃も含まれていた。

………

火事から10年、籐矢は人並みの幸せと不幸せを味わいなら、ごくごく普通に成長する。
しかし、未だ彼の心には母親を失った事故の記憶が深く刻み込まれていた。
燃え盛る炎と、何も出来ない子供の自分、そして母を失ったという過去。
そんな悲しみを抱えながらも、妹の真姫奈と姉のような白峯沙耶と楽しく暮らしていた。
そんなある日――
いつもの日常を送る籐矢は見知った顔の女性を見かける。
それはどう見ても伏見鈴乃にしか見えない女性だった。
籐矢はどうしてもその女性のことが気になり、その姿を追いかける。

そして対面した女性は、間違いなく自分の母親であった。
その母と会話する籐矢だが、どこか、違和感を覚える。
そんな籐矢に対して、鈴乃は笑いながら襲い掛かってきた。
自分の母親に突然襲われ、抵抗することもままならずそのまま命の危機に晒される。
そこに突如現れた日本刀を手にした女性が籐矢の命を救うが――

死んだはずの母親が生きている理由、目的、その行動。
そして、母親が関わっていたという研究……

全てがわからぬまま困惑すると同時に、籐矢の胸の奥にはとある気持ちが湧き上がる。

母さんが生きているなら……今ならまだ……

――抱え込んだ悲しみと過去と対峙する伏見籐矢は、真実を求めて歩き出す。

E×E DL版 – DMM/R18

ゆずソフト公式サイト