『恋する姉妹の六重奏』修正パッチVer1.0が公開 ―各種不具合の修正やルート突入の調整

■修正パッチVer1.0

 PeasSoft(ピースソフト)は3月8日、同ブランドが2014年2月28日に発売した新作PCゲーム『恋する姉妹の六重奏(セクステット)』の修正パッチVer1.0を公開しました。修正パッチは公式サイトにて配信されています。サイズは約120MB。

 今回公開された修正パッチは、演出不具合の修正、音声不具合の修正、ヒロイン/姉妹ルートへの突入の調整、シーンジャンプ機能の不具合の修正が主な内容となります。

 本作は、ピースソフトから2014年2月28日に発売されたPCゲーム。『執事が姫を選ぶとき』『恋×恋=∞ 』に続く、ピースソフト10周年作品の第3弾。主人公大好きな実姉と真面目な実妹の風浦姉妹、お隣さんの美浜姉妹、商店街の飲食店の牧ノ瀬姉妹の3つの姉妹とのイチャラブでエッチな学園生活が描かれます。

 原画は羽鳥ぴよこ先生、熊虎たつみ先生、カズナリ先生が担当。デフォルメ原画はあまからするめ先生。シナリオはの芳井一さん。

画像は恋する姉妹の六重奏 (C)PeasSoft

【修正内容】
・演出の不具合を修正
・音声の不具合を修正
・ヒロイン/姉妹ルートへの突入を調整
  ※アップデート前のセーブデータも使用可能
  特定のシーンで保存されている場合、調整適用後のルート突入は動作しません
・シーンジャンプ機能の不具合を修正
  ※アップデート前のセーブデータはロード直後は使用できません
  ロード後に次の選択肢まで進めると使用可能
  ※シーンジャンプ機能を使用した場合、選択肢間に発生する
  CG・Hシーン回想は取得できません

PeasSoft公式サイト

  ※このページの一部にはPeasSoftが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)PeasSoft