『ももいろ性癖開放宣言!』修正パッチ1.03が公開 ―回想が全開放になっている不具合など修正

 softhouse-seal GRANDEE(ソフトハウスシール グランデ)は3月28日、同ブランドが本日3月28日に発売した新作PCゲーム『ももいろ性癖開放宣言!』の修正パッチ「修正パッチ1.03」「修正パッチ1.03a」「裸パッチ1.03h」を公開しました。

 本日公開された修正パッチでは以前お伝えした“回想が全開放になっている不具合”と、その他の部分が修正されます。「1.03」では回想の不具合、その他の部分の両方が修正されますが、「1.03a」では回想の不具合は修正されず、その他の部分のみ修正されます。

 回想は自分で埋めたいという方は「1.03」、始めから全ての回想を開放しておきたい場合は「1.03a」を適用する必要があります。

 「裸パッチ1.03h」はその名の通り、立ち絵を全て裸にするパッチとなり、適用後は登場キャラクターの立ち絵が全て裸になります。

 適用方法、ダウンロードしたファイルを解凍し、インストールフォルダにコピー。コピー後にゲームを実行して、画面上部のステータスバーが「ももいろ性癖開放宣言! ver. 1.03/ver. 1.03a/ver. 1.03h」と、当てたパッチのバージョンが表示されていれば完了となります。適用方法の詳細は公式サイト内のサポートページに掲載されています。

【修正内容】
・回想が全開放になっている不具合を修正し、その他の部分も修正

softhouse-seal & GRANDEE & Anime-seal & Re:verse