『ももいろ性癖開放宣言!』全てのシーン回想が開放されている不具合が発覚 ―発売日に修正パッチ公開

 softhouse-seal GRANDEE(ソフトハウスシール グランデ)は3月24日、同ブランドが2014年3月28日に発売する新作PCゲーム『ももいろ性癖開放宣言!』(ももいろせいへきかいほうせんげん)のゲームディスクに不具合が発覚したと発表しました。

 不具合の内容は、インストール直後からシーン回想が開放されており、全てのシーンの回想が閲覧可能な状態になっているとのことです。発売日当日(3月28日)に不具合を修正する修正パッチVer.1.01の公開が予定されています。

 今回の不具合はゲームをプレイする上では問題ないとのことですが、実際に本編をプレイして回収したシーンのみ回想に表示させる場合は修正パッチを適用する必要があります。

 softhouse-seal GRANDEE公式サイトではゲームディスク不具合のお知らせとお詫びが掲載されています。

画像は『ももいろ性癖開放宣言!』公式サイト

 『ももいろ性癖開放宣言!』は、一葉モカさん、2-Gさん、あにぃさん、水上凛香さん、健やか牛乳さんが原画を担当するsofthouse-seal GRANDEEの最新作。

 学園の授業にもセックスの授業が積極的に取り入れられるほど、世界でも有数のエロエロアダルト大国になった日本が舞台。主人公は性の講師になって、性に関して問題児扱いとされているヒロインたちに実技をもって正しい(?)性の知識を授業で教える物語となっています。主人公とヒロイン達は日夜、セックスに励む!

softhouse-seal & GRANDEE & Anime-seal & Re:verse