SMEE人気作『ラブラブル ~lover able~』のダウンロード版が登場 ―DMMで配信開始

 SMEEから2011年に発売されたPCゲーム『ラブラブル 〜lover able〜』。翌年には続編も発売された大人気タイトルがダウンロード版となって登場。
 DMMは6月20日、『ラブラブル 〜lover able〜』のダウンロード販売を開始しました。ダウンロード版はDMM独占販売となり、価格は6,995円(税込)に設定されています。

画像は『ラブラブル 〜lover able〜』

 『ラブラブル ~lover able~』は、SMEEから2011年2月25日に発売されたPCゲーム。5人のヒロインとのイチャラブな恋愛模様が描かれています。原画はひなたももさん、あめとゆきさん、らっこさん。シナリオは早瀬ゆうさん、雪仁さん。

 『ラブラブル ~lover able~』に登場する主要ヒロインは4人。ヒロインの声は、「琴宮千夏」役が夏野こおりさん、「愛沢花穂」役が春日アンさん、「姫野つぐみ」役が遠野そよぎさん、「三枝奈々子」役が柚木かなめさん、「柳瀬さつき」役が春乃伊吹さん。

 ダウンロード版の動作環境は、PentiumIII-S 1.266GHz以上のCPU(Pentium4 2GHz以上推奨)、512MB以上のメモリ(1GB以上推奨)、800×600ハイカラー表示可能なグラフィック、16MB以上のVRAM(64MB以上推奨)が必要です。
 対応OSはWindows XP/Vista/7。

ラブラブルOPムービー

ラブラブル ~lover able~作品紹介

季節は夏。
主人公・愛沢晴樹と、その妹、花穂は、両親の仕事の都合により引っ越しを余儀なくされた。
様々な事情により叔父の元へ預けられることになった二人。

両親と叔父の交わした約束により、二人は新しい町で叔父の経営するカフェレストランで、バイトをしなくてはならなくなる。

これから向かう店がどんなカフェか想像を膨らませる妹に、世話になる叔父に失礼の無いよう気を引き締める兄の晴樹。

そんなふたりの期待を裏切るように、今日もビーチサイドカフェ・フルーティアからは、叔父でもある店長の悲痛な叫びが木霊する。

「嫌だぁぁぁ!!絶対仕事なんてしたくない!!今日は一日何があっても休むって言ったでしょォォォォ!!」
「いい加減にしてください!!みんな必死に働いてるんだから店長も頑張るのが当然じゃないですか!!」
「俺が時給払ってるんだから当然じゃん!!俺、自分で働きたくないから人雇ってんだよ!? わかる!? ネェ!!」

白い砂浜と店長の悲鳴が絶えない、都心から電車で気軽に足を運べる活気に満ちたリゾートシティ。

引っ越してすぐに出会う、自分と同じタイミングで編入してきた笑顔の可愛い転校生。
口数は少ないが、いつもどこか楽しげに夏の空を見上げるちょっと不思議な隣の席の女の子。
部活に、バイトに、恋愛に、この夏一生懸命背伸びをする健気な後輩。
いつも隣で自分の腕をぐいぐい引っ張っていく、そんな妹の見慣れた元気な後ろ姿。

夏の予定は白でいい。
一から始まる出会いと絆。
ちょっとだけ口に出すのが恥ずかしい、ハッピーエンドな恋、今始まる。

ラブラブル ~lover able~ – DMM.R18

SMEE OFFICIAL WEB SITE