バグシステムの血と涙と絶叫にまみれた超過激ADV『死に逝く君、館に芽吹く憎悪』が本日発売

 バグシステムは7月29日、同ブランド最新作となるPCゲーム『死に逝く君、館に芽吹く憎悪』を発売しました。価格はパッケージ版・DL版ともに5,800円(税抜)。

死に逝く君、館に芽吹く憎悪

 『死に逝く君、館に芽吹く憎悪』は、別の世界からやってきた上位種族の男によって、潰され、刺され、撃たれ、流され、撥ねられ、食わされ、焼かれ、破裂させられといった超過激陵辱の数々が繰り広げられる、血と涙と暴力と拷問と虐殺と愛と感動の物語。残虐な行為の数々を表現ギリギリまで追求しているとのことです。

 血と涙と絶叫にまみれた生活が、今、幕を開ける……。

死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪

キャラクター
美亜(CV.あかしゆき)

 上位種族の男によって、館に連れて来られた少女。彼を傷付けた罰として、何度も過激陵辱を受けることとなる。美亜の部屋では体の傷が治る仕掛けが施されているため、死ぬような目に遭っても、死なずに済んでしまう。

死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪

メイド(CV.和葉)

 館で働くメイド。淡々と仕事をこなす性格で、美亜には名前すら教えてくれない。上位種族の男に尽くしている。

夏花(CV.綾瀬あかり)

 館の中で出会う少女。美亜同様、上位種族の男から玩具のように扱われている。館から逃げるために、美亜と手を組むことを望んでいる。

死に逝く君、館に芽吹く憎悪

心々乃(CV.手塚りょうこ)

 上位種族に誘拐されて来た少女。強気な性格をしており、何としても館から逃げてやると決意している。一方で、何故だか美亜にも敵意を向けることがある。

死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪

永遠生(CV.中家志穂)

 館の客人としてやって来た女が、差し入れとして連れて来た少女。死を覚悟していたところを美亜に救われるが、その結果死ぬより辛い目に遭ってしまうことも……。

死に逝く君、館に芽吹く憎悪

客人の女(CV.奥川久美子)

 この世界にやって来た上位種族の一人。男のほうと同様に、人間を玩具、あるいは食事としてしか見ていない。日々の生活に退屈しており、何か楽しめることがないかと探している。

ストーリー
それは、何の前触れもなく起こった――。

平穏だった世界に、突如として現れた上位種族達。
彼らは一方的に人間を虐殺し、世界は混乱の渦へと飲み込まれていった。

家族と買い物の途中だった美亜もまた、その被害に遭ってしまう。
父、母、姉が殺害される中、必死に逃げた先でも別の上位種族の男と遭遇。
自棄になった美亜は、死を覚悟の上で男にナイフを突き立てた。

次の瞬間、美亜の意識は飛んでいた。
自分がどうなったのかもわからず、腹部には激しい痛みが感じられていた。

「私の体を傷付けておいて、勝手に死なせるわけにはいかない。君の罪は……万死に値するのだからね……」

そして、意識を取り戻したとき、美亜は館のベッドの上にいた。
体に傷はなく、服は自分のものではないドレスが用意されている。

その館で再会したのは、あの上位種族の男。
彼は、美亜に館に住むよう命じ、数々の非道な行為を繰り返すようになる。

潰され……刺され……撃たれ……流され……撥ねられ……食わされ……破裂させられ…………。

そして、意識を取り戻したとき、美亜は館のベッドの上にいた。
体に傷はなく、服は自分のものではないドレスが用意されている。

その館で――――――――――
製品仕様
【タイトル】死に逝く君、館に芽吹く憎悪
【ブランド】バグシステム
【発売日】2016年7月29日
【価格】5,800円(税抜)
【ジャンル】ADV
【対応OS】Windows Vista/7/8/8.1/10

【原画】るび様
【シナリオ】和泉万夜

死に逝く君、館に芽吹く憎悪 – DMM.R18

バグシステム

CLEARRAVE ブランドインデックス