Campus第4弾『罪恋×2/3』が本日発売。3つの恋と、3つの罪。3/3の物語

 Campus(キャンパス)は7月29日、同ブランド第4弾となるPCゲーム『罪恋×2/3』を発売しました。価格はB2タペストリー付き豪華限定版6,000円(税抜)、通常版3,000円(税抜)、ダウンロード版3,000円(税抜)。

罪恋×2/3

その恋は――罪の証

 『罪恋×2/3』は、『ハルウソ』『天文時計のアリア』『ナツウソ』に続く、Campusの第4弾タイトル。屋上から落下し、生霊となってしまった幼馴染・夢見レイナ、兄への想いを封じ込めた義理の妹・水沢めぐりとの、3つの恋と、3つの罪、3/3の物語が描かれています。原画を担当するのは一葉モカさん。

罪恋×2/3

キャラクター
水沢めぐり(CV.立花沙羅)

 物静かなタイプで常識人な優等生。表情変化が乏しく、自他共に厳しいことから冷たい性格と思われがち。しかし身内には甘く、なんだかんだと言って世話を焼いてしまうお人好し。光一とは母親の再婚によって出来た義理の兄妹。光一へは異性として想いを寄せているものの、常識人が故に身動きが出来なくなっている。

罪恋×2/3罪恋×2/3罪恋×2/3

夢見レイナ(CV.結城ほのか)

 イギリス人の母と日本人の父のハーフ。貴族のお嬢様のような見た目だが、中身はポンコツで基本ボケてる。さらにはすぐ「ふふーん」と、調子に乗って自滅するのはいつものこと。3人で過ごす時間を何より大事にしており、ずっと続けばよいと思っている。基本的にポジティブで、自分が生霊となったことに対しても、特段気にしている様子は無いものの……?

罪恋×2/3罪恋×2/3罪恋×2/3

ストーリー
――いつからだったのだろう。
この焦がれた想いを抱いていたのは。

麻保志学園に通う水沢光一は、未だ初恋を引きずっていた。
それもそのはず。その想い人は幼い頃からずっと傍に居るのだから。

……その日は雨が降っていた。

光一は、義理の妹である水沢めぐりとひとつの傘に入りながら、帰路についていた。

突如として、背後から地面を強く叩いた音が響く。
雨音ではない、何か重い物が頭上から落下したような音。

――振り向いてはいけない。

そう、勘が告げていたはずなのに。
それ以上に、好奇心が勝ってしまった。

雨に打たれているソレから、血溜まりがリアルタイムで広がっていく。
光一も、めぐりも、血に塗れた女子生徒をよく知っていた。

夢見レイナ――彼の幼馴染にして、彼女の親友だったのだから。
そしてレイナが屋上から落下してきた、数日後。
自殺か他殺か、それとも事故なのか……それすらも分からない現状。
レイナは生死の境を彷徨いながら、目を覚ます様子は無い。

幼馴染の突然の出来事に、焦燥する光一とめぐり。
そんな二人の前に、病院の治療室で眠っているはずのレイナが現れる。

驚く二人に、いつもと同じような能天気な声でレイナが告げた。

「いやぁー、死ぬかと思った」と。

生霊として、二人の元へ戻ってきた幼馴染。
しかし、事故当日の記憶は失っているらしく、落下した原因は不明なまま。

失くした記憶を取り戻せば、レイナの意識が戻る。
そう考えた3人は、レイナが屋上から落下した原因を探ること決意するのだった。

3人の恋と、3人の罪。
3/3の想いが交錯し合い、蜘蛛の巣のように絡まっていく。

それが白日のもとに晒された時、彼と、彼女はどういう決断をするのだろう?

製品仕様
【タイトル】罪恋×2/3
【ブランド】Campus
【発売日】2016年7月29日
【価格】B2タペストリー付豪華限定版:6,000円(税抜)
    通常版:3,000円(税抜)
    DL版:3,000円(税抜)
【ジャンル】ADV
【対応OS】Windows
【種別】18禁

【原画】一葉モカ
【企画】工藤啓介
【シナリオ】神堂劾
【音楽】押上極

罪恋×2/3 – DMM.R18

light Official Website