『ヨスガノソラ』再々放送を記念して、『ヨスガノソラ』&『ハルカナソラ』DLセットが登場!

 TVアニメ『ヨスガノソラ』の再々放送を記念して、DMMにて『ヨスガノソラ』と、そのファンディスク『ハルカナソラ』のダウンロード版セットが期間限定で登場。個別に購入するよりも2,000円以上お得な9,800円(税込)で販売されています。

【期間限定】テレビアニメ再々放送記念! 「ヨスガノソラ」&「ハルカナソラ」セット

 販売期間は2016年7月21日(木)~2016年9月30日(金)10時00分までの2ヶ月間限定で、AT-XでのTVアニメ再々放送・9月21日に発売となるTVアニメBlu-ray BOXと合わせて奥木染町での物語を楽しむことができます。

ヨスガノソラ
都市部から遠く離れた片田舎、奥木染(おくこぞめ)。
春日野悠(かすがの はるか)は、妹の穹(そら)を連れて、その町に向かっていた。
そこは幼少の頃の夏休みに何度も訪れ、過ごした祖父の家があり、懐かしい場所であった。

不慮の事故により両親を亡くし、拠り所を失った二人は、
今は誰も住んでいない祖父の家に引っ越し、そこで暮らしていくことを決める。

不慣れな家事に悪戦苦闘し、普段から引きこもりで、何も出来ない穹の面倒を見ながら、悠は大変な毎日を過ごしていく。

そんな悠を、昔遊んでくれた近所のお姉さん、依媛奈緒(よりひめ なお)や
転校当日から、なにかと絡んでくる中里亮平(なかざと りょうへい)、
神社の巫女兼管理人をしている、天女目瑛(あまつめ あきら)、
その友達の渚一葉(みぎわ かずは)らが、温かく迎えてくれる。

小さい頃から、余り変わってないように感じた町並みや人。
懐かしい想い出や、静かな環境が、悠を癒していった。

そんな中、徐々に変化が訪れる。

幼少の頃かわした二人だけの秘密の約束とその後。
無くしてしまった大事な物の行方。
そして、この場所を選んだ本当の理由。

想い出として心に刻まれたときから、もう始まっていた未来。
今まで傷つき、不器用な生き方しかできなかった相手と、悠はどう向き合うのか…。

日差しが強まる初夏の空の下、物語が動き始める。

【期間限定】テレビアニメ再々放送記念! 「ヨスガノソラ」&「ハルカナソラ」セット – DMM.R18

CUFFS/Sphere/CUBE/MintCUBE OFFICIAL WEBSITE

ヨスガノソラ – KING AMUSEMENT CREATIVE