『春音アリス*グラム』ヒロインのキャストに遥そら、波奈束風景、奏雨、くすはらゆい、杏子御津

『春音アリス*グラム』公式サイト

 NanaWind(ナナウィンド)は8月10日、2016年11月25日に発売を予定しているPCゲーム『春音アリス*グラム』に登場するヒロイン5名のキャストを公開しました。

 成稜学園の生徒会長を務めるお淑やかな優等生「白羽優理」役が遥そらさん、成稜学園の風紀執行部代表を務めるクールな幼馴染「久遠寺一葉」役が波奈束風景さん、成稜学園へ海外から留学している好奇心旺盛なお姫様「神咲エリサ」役が奏雨さん、学園随一の頭脳を持つ理事長の娘「凛堂耶々」役がくすはらゆいさん、新生会の書記を務めるマイペースでミステリアスな少女「藤乃雪」役が杏子御津さんとなっています。

キャスト
・白羽優理:遥そら
・久遠寺一葉:波奈束風景
・神咲エリサ:奏雨
・凛堂耶々:くすはらゆい
・藤乃雪:杏子御津

白羽優理
成稜学園の生徒会長を務めていて、成績もトップクラスの優等生。
良家のお嬢様で家事や習い事もこなし、それでいて性格はお淑やか。
困っている人は見過ごせない優しい心の持ち主という。そんな完璧な性格と見た目の良さで、優理は生徒たちからの人気も厚く憧れの存在でもある。

入学当初、その人気に推され、成り行きで生徒会長になってしまった優理だが、一度決心したことには何事にも一生懸命。彼女なりの学園を想う理念を元に、しっかりと生徒会を率いて活動している。ただ、周りから見るとなんとなく放っておけないタイプらしいが……。

主人公・颯太朗は、生徒会の管轄である黄昏部に所属していて、優理には何度も助けて貰っているため頭が上がらない。

久遠寺一葉
成稜学園の風紀執行部代表を務める。生真面目でしっかり者、スタイルも良く運動神経も抜群な美少女。少々融通が利かないところもあるが、理論に基づき行動する様はまさにエリート。生徒たちからは「成稜の白百合」とも呼ばれていて、優理と二分するくらいの人気を誇っている。ただ案外抜けていてドジなところもあり、失敗して落ち込むことも。

主人公・颯太朗とは幼なじみだが、最近は殆ど会話をすることもない疎遠な関係だった。彼ら黄昏部と風紀執行部はライバル関係で、部長の凛堂耶々とは、よく対立している。

一葉は筋が通っている事や可愛い物が好きで、実は漫画やアニメが大好きな隠れオタクの一面もある。そのせいか恋愛には凄く興味を持っているらしい……。

神咲エリサ
成稜学園へ海外から留学しているお姫様。凛とした高貴な佇まいと、気品のある優雅な物腰、分け隔て無く他人と接する穏和な人柄で生徒からも人気がある。

お姫様ゆえか少々世間知らずなところがあり、知識や物言いは一般の常識から外れていることも。そのため、学園生活をしていて気になることがたくさん。一度気になると確かめてみないと気が済まない好奇心旺盛な性格をしている。いろいろと教えてくれる主人公・颯太朗よく頼りにしているようだ。

幼い頃に日本で暮らしていた時期があり、日本語は普通に話すことができる。エリサはかつて忘れてしまったなにかを探すため、ここ成稜学園で一時的に在籍しているらしいが……。

実は早起きが大の苦手で、ルームメイトの耶々は毎朝苦労している。

凛堂耶々
成稜学園の厄介者が集められた黄昏部をまとめる部長。主人公・颯太朗の上司的な存在だ。彼女は理事長の娘でお嬢様という、一見すると蠱惑な美少女だが、口を開けば変わり者でイタズラ好きという小悪魔のようなタイプ。

何事にも冷静で強い信念と鋭い直感力を持ち、突拍子も無く冗談ともとれる発言をするが、物事の核心を突いている事が多い。大の負けず嫌いで、挑発や売られた喧嘩にすぐ乗ってしまうのが玉に瑕。

実は学園随一の頭脳の持ち主で、IQ184(本人談)らしい。しかしテストでは狙った点数を取ることに精を出すあまのじゃくな性格をしている。そんな子供っぽいところが多々ある彼女だが、案外強がりばかりで本当は寂しがり屋という面も……。

黒を愛しており、黒が好きな人には悪い人はいないなどと考えている。

藤乃雪
成稜学園、新生会の書記を務める一年生。性格はおとなしくてマイペース。よくライバルの黄昏部に来ては勝手に遊んでいる。好きなことを好きなようにやっている多趣味で変わった少女。ただ責任感は強く、任された仕事はきっちりとこなしているようだ。

ゲーム好きで、いつもなにかしらのゲームを遊んでいる。そして暇があれば携帯で撮ったスナップ写真をネットにアップするという。また、寒いのが大の苦手なので、いつもマフラーや耳当てを常備している。

実家は有名な老舗料亭「藤乃」の娘。プロレベルの料理技術を持っているが、それを披露することは滅多にない。そういう料理よりかは、お気に入りのマグカップでインスタントのコーンスープを飲む方が好き。

現実世界を飛び出して、空想の世界に行ってみたいと思っているらしい。

NanaWind公式サイト