乙女の恋はしのぶれど――。ゆずソフト最新作『千恋*万花』のダウンロード版がDMMにて配信

千恋*万花
画像は千恋*万花(DMM)

 ゆずソフトから2016年7月29日に発売されたPCゲーム『千恋*万花』のダウンロード版がDMMにて配信されました。ダウンロード版の価格は7,800円(税込)。

 『千恋*万花』は、日本情緒溢れる温泉街を舞台にしたジャパネスクアドベンチャー。岩に突き刺さったまま誰も引き抜くことができない刀【神刀―叢雨丸(むらさめまる)】を、へし折ってしまった主人公の奇妙で摩訶不思議な生活を描いた作品となっています。

 原画を担当するのはこぶいちさん・むりりんさん・煎路さん。SD原画はこもわた遙華さん。企画は天宮りつさん。シナリオは天宮りつさん・籐太さん・瀬尾順さん。

千恋*万花千恋*万花

キャラクター
朝武芳乃(CV.遥そら)

 穂織にある神社の巫女姫様。主人公が神刀をへし折ったことで、土地の掟に従いムリヤリ婚約相手にされてしまう。生真面目な性格で、若干クール気味に見られがちだが、本来は冷たい人間ではない。冷静沈着のように見せようと振る舞うものの、実際には簡単なミスも多くて、意外と抜けているまた感情は豊か。喜怒哀楽がわりとハッキリしていて、精神的には子供っぽい部分も多々ある。

千恋*万花千恋*万花

常陸茉子(CV.小鳥居夕花)

 巫女姫様の護衛として育てられた少女。仕事には真面目だが、性格まで生真面目というわけではない。茶化したり、悪戯を仕掛けたり、お茶目な性格も持ち合わせている。恥ずかしがり屋な一面もあり、女の子として褒められることが苦手である。

千恋*万花千恋*万花

ムラサメ(CV.佐藤みかん)

 神刀“叢雨丸”に宿る魂のような存在。子供っぽい一面と、大人っぽい一面の、両方を持っている。だが、基本的には子供っぽい一面で過ごすことが多く、普段は元気で明るい女の子。実は怖がりで、幽霊などが苦手。数百年存在する、魂のような存在で、普通の人間には姿を見ることもできない。

千恋*万花千恋*万花

レナ・リヒテナウアー(CV.沢澤砂羽)

 外国からやってきた留学生の女の子。明るく素直で優しく、いつも元気。他のヒロインに比べて、良くも悪くも真っ直ぐな性格。つまづいてもへこたれない。『挫けずに頑張りマスっ!』と1人で立ち直るタイプ。裏表のない性格で、純粋な幼子が、そのまま成長したようなストレートな女の子。優しい日本人が好き、ニッポンも好き

千恋*万花千恋*万花

ストーリー
電車も通っていない山の中に、『穂織(ほおり)』の町はある。
周りとの交流も薄いせいか、文明開化にすら乗り遅れた田舎町。
だがそのおかげで独自の発展を遂げ、
今では一風変わった温泉地として広く知られる立派な観光地。

そんな穂織の人気の一つに、特別な刀の存在があった。
【神刀 ― 叢雨丸(むらさめまる)】
岩に突き刺さったまま、誰も引き抜くことができない刀。

のはずが、なんと有地将臣はその刀をへし折ってしまう!

予想外の事態に慌てふためく彼に突き付けられた責任。

それは『結婚』という二文字だった!

とんでもない事態にわけがわからず困惑する将臣。
だがこれも、ほんの入り口でしかない。 この先にはもっと奇妙で摩訶不思議な生活が、待ち構えていたのだから。

初めて出会った結婚相手
自分だけが触れられる謎の少女
そして、穂織の土地に残る呪いの秘密とは……?

めまぐるしく変わる生活の中、出会った恋の行く末はどこなのか?
全ては叢雨丸を掴んだ、その手の中に――

千恋*万花 – DMM.R18

ゆずソフト公式サイト