『穢翼のユースティア』Windows10/Android OSに対応した新装版が発売。12月26日まで特別価格

穢翼のユースティア 〜新装版〜
『穢翼のユースティア 〜新装版〜』

 AUGUST(オーガスト)は11月22日、『穢翼のユースティア~新装版~』を発売しました。新装版はダウンロード販売のみとなります。価格は8,424円(税込)。新装版発売を記念して、12月26日までの期間限定で13%OFFの7,344円(税込)で販売されます。

 新装版は、パッケージ版発売時には対応していなかったWindows 8.1/10に正式対応し、さらにAndroid OS4~7.0にも対応した新エディション。新機能として「オンラインセーブ機能」も搭載されており、インターネットを通じてデスクトップPCやタブレット等、様々な端末でセーブデータを共有することができます。

 ほかにも、Windows PCでは従来のUIに加えて、タブレット端末で快適に楽しめるよう専用UIのTablet Modeを採用(切替え式)。キャラクターの立ち絵グラフィックの最適化やクリアしたルートからいつでも始められるルートジャンプ機能、Twitter投稿機能など細かい変更も行われています。

穢翼のユースティア 〜新装版〜

キャラクター
ユースティア・アストレア(CV.森保しほ)

 背中に羽が生える病、「羽化病」に冒された少女。とある事情で主人公が引き取ることとなる。生みの親も育ての親もなく、物心ついた頃から下級の召使いとして使役されてきた。辛い人生を送ってきた割に、性格は明るく朗らかで、周囲を和ませてくれる。主人公に言わせれば、脳みそに向日葵が群生しているような女。今までの人生経験により家事全般にそつがなく、主人公の世話を一方的に見ていたエリスには目の仇にされる。

穢翼のユースティア 〜新装版〜穢翼のユースティア 〜新装版〜

エリス・フローラリア(CV.篠宮聖美)

 娼婦になりかけのところを主人公に身請けされた女。娼婦街の医者を生業としており、その腕前は娼婦たちに高く評価されているが、医者は副業で本業は主人公の妻だと個人的に強く主張している。残念なことに患者への愛情と家事能力はかなり足りていない。性格はドライで面倒くさがりだが、主人公の怪我を治療することには並々ならぬ情熱を燃やす。死ねと言うと本当に死にかねないので、発言には注意が必要。主人公曰く、まず自分の頭を直した方がいい女。

穢翼のユースティア 〜新装版〜穢翼のユースティア 〜新装版〜

聖女イレーヌ(CV.遠野そよぎ)

 第29代聖女イレーヌ。大崩落の責任を取って処刑された先代聖女に代わり、祈りの力でノーヴァス・アイテルを空に留めている。民衆の前に姿を現すことはごく稀で、聖堂の奥にある聖域で、人生を祈りに捧げているという。光を失っていることから「盲目の聖女」と呼ばれ、民衆からの人気は絶大である。人柄はごく一部の人間にしか知られていないが、純粋で理論的。シニカルな物言いをするので、きつい性格と取られることが多いようだ。

穢翼のユースティア 〜新装版〜穢翼のユースティア 〜新装版〜

リシア・ド・ノーヴァス・ユーリィ(CV.海老原柚葉)

 王家の第一王女で継承順位は一位。実父である現王が病に伏せっているため、代理として政務を執り行っている。まだ戴冠の儀を行っていない彼女を「無冠の女王」と揶揄する貴族もいるようだが、本人はまったく気にしていない様子。明瞭で活力に溢れるが、育ちの良さ故か打たれ弱い一面も。王家の人間にしては世俗への関心が強いようで、召使いから炊事や裁縫などの仕事を奪っては迷惑がられている。

穢翼のユースティア 〜新装版〜穢翼のユースティア 〜新装版〜

フィオネ・シルヴァリア(CV.橘桜)

 「羽化病」が発症した人を半ば強制的に治癒院へ送るために作られた組織「羽狩り」。その牢獄地区を担当する部隊の隊長を務めている。羽狩りの持つ社会的な意義を信じて仕事に打ち込む真面目な性格。娼婦街などには嫌悪感を持っており、それが元で主人公達と衝突する。剣の腕にも覚えがあり、訓練などには労を惜しまない努力家でもある。一方プライベートの面では綺麗なものやかわいいものを好む女性らしい面も。ただ融通が利かないところがあり、周囲とぶつかることも多い。それを本人も自覚しているのが救い。

穢翼のユースティア 〜新装版〜穢翼のユースティア 〜新装版〜

ストーリー
悲劇は往々にして不条理なものだが、これほど不条理という形容がしっくりくる悲劇もなかった。

その日、この都市の一角が多くの人命と共に大地へと崩落した。

性別、年齢、人間性、地位、経済力……

犠牲者に一切の区別はなく、ただそこにいたという一事だけが、彼らの命を奪った。

なぜ死なねばならなかったのか。

無数の死に何の意味があったのか。

答えはなく、残された人々に与えられたのは、輪郭のない茫洋たる喪失感だけだった。

後に大崩落(グラン・フォルテ)と呼ばれる悲劇だ。

あれからずっと、この都市「ノーヴァス・アイテル」には不条理の雨が降り烟っている。

上層から下層へと、都市を濡らした水は低きへ流れ、やがて牢獄に聚まり澱む。

嵩を増す汚水を取り除く術もないまま、囚人たちはただ喘ぐ。

いつの日か、この都市「ノーヴァス・アイテル」に陽が差す時が来るのだろうか。

穢翼のユースティア 〜新装版〜 – DMM.R18

オーガスト オフィシャルホームページ