それは、とても甘くて初々しい恋模様―― Parasol、8th Project『桜ひとひら恋もよう』を公開

『桜ひとひら恋もよう』公式サイト

 Parasol(パラソル)は12月21日、『彼女と俺の恋愛日常(ラブリーデイ)』(2017年1月27日発売予定)に続く、同ブランド「8th Project」となる新作『桜ひとひら恋もよう』を発表し、同作の公式サイトを公開しました。2017年夏発売予定。価格は8,800円(税抜)。対応機種はWindows Vista/7/8/10日本語版。

 『桜ひとひら恋もよう』は、学園の創設者である理事長が急逝したことで、学生を体罰で支配し徹底的な点数至上教育を施するという学園と合併するという噂で持ちきりの北条学園を舞台にした、吸収合併に反対する少年少女たちの物語。
 いつも傍に居続けてくれる幼馴染、桑都学園の自由を愛する生徒会長、主人公に付きまとう謎すぎる新入生、合併先の理事長の娘であり元カノであり生き別れの妹との、とても甘くて初々しい恋模様が描かれるとのことです。

 原画を担当するのは桜はんぺんさん・イチリさん・うめだ夏乃さん(男サブ)。企画原案は種村いのりさん。シナリオは夏森公彦さん・田中タクヤさん。

ストーリー
平凡な一般学生を自称する主人公、仁科春太。
だがしかし、彼は初めてできた彼女が実は生き別れの妹だったという、
古今東西の恋愛物語で、すでに使い古された設定のような人生を送っていた。

そんな悲恋が癒えぬまま迎えた新しい春の季節。
春太が通う桑都学園は、北条学園への吸収合併の噂で持ち切りだった。

昨年、学園の創設者である理事長が急逝したことで、
絶対的なリーダーの求心力を失ってしまったこの学園は、
経営状態も悪く、今や風前の灯火という状態らしい。

合併先の北条学園は、学生を体罰で支配し、徹底的な点数至上教育を施しているという。
このままでは、生徒の自主と自立、そして自由を信条とする桑都学園の理念が失われてしまう……。

北条学園への吸収合併はもはや避けられず、既定路線という風潮――
しかし、そんな折、合併反対のビラを配る少女が現れる。

驚くべきことに、その少女――成本桜花は、
桑都学園の新理事長を自称するのだった。

誰も自称新理事長の言うことを信じない中、
春太は彼女の真に迫る姿に魅入られて思わずビラを受け取ってしまう。

こうして、吸収合併に反対するグループに参加したのは――

いつも傍に居続けてくれる幼馴染、高澤美綾。

桑都学園の自由を愛する生徒会長、水谷芳野。

春太に付きまとう謎すぎる新入生、初芝千歳。

さらに、合併先である北条学園の理事長の娘であり、生き別れの妹――上川紗矢。
今、とても初々しく、甘々としたボーイミーツガールが始まる。

 本日公開された公式サイトでは、『桜ひとひら恋もよう』のストーリーと登場キャラクターの情報が公開されています。

『桜ひとひら恋もよう』公式サイト

製品仕様
【タイトル】桜ひとひら恋もよう
【ブランド】Parasol
【発売日】2017年夏発売予定
【価格】8,800円(税抜)
【ジャンル】君が恋する彼女を守り、学園の危機を救うADV
【対応OS】Windows Vista7/8/10日本語版
【種別】18禁

【企画原案】種村いのり
【シナリオ】夏森公彦、田中タクヤ
【原画】桜はんぺん、イチリ、うめだ夏乃(男サブ)
【SD原画】うめだ夏乃

Parasol公式サイト