Project WALPURGIS最終章!KAI最新作『魔女と剣と千の月』がマスターアップ

『魔女と剣と千の月』公式サイト

 KAIは4月6日、同ブランド最新作となるPCゲーム『魔女と剣と千の月』がマスターアップしたと発表しました。2017年4月28日に発売されます。価格は8,800円(税抜)。

 『魔女と剣と千の月』は、『ヴァルプルギス』『PENDULUM』に続くProject WALPURGISの最終章。『ヴァルプルギス』の主人公・渡瀬連の魂を移植したホムンクルスの少女・渡瀬澪を主人公に、漆黒の悪魔――イヴィライズドへと進化したサーキュラーズとの苛烈な戦いが描かれるとのことです。

ストーリー
シリーズ第二弾「PENDULUM」より後の話。サーキュラーズの残党も減少し、
世界は落ち着きを取り戻したかのように見えた。
だが、ある日突然、純白だったサーキュラーズが漆黒に変化、悪魔と化す。
増大した破壊衝動に任せ、
漆黒の悪魔――イヴィライズドたちは瞬く間に世界中にあふれかえった。
メイガスオーダーは最前線で戦い続けるが、イヴィライズドの勢力に押されていく。
前作ヴァルブルギスの主人公、渡瀬連はその魔力の高さゆえに、サーキュラーズへ、
更にはイヴィライズドへと“進化”しようとしていた。
天王寺沙耶香は、連を封印することで仮死状態にし、悪魔化を食い止めることに成功する。
だが、連の持つ強大な魔力はこの先の戦いに必要不可欠となる。
沙耶香のとった苦肉の策とは……。

「ごめんなさい。あなたを戦うだけの人形にしてしまった……」

培養層の中で、少女――澪はゆっくりと目を開く。
その体のうちに、渡瀬連の魂と魔力を秘めた戦闘人形として。

イヴィライズドを倒すことのみを生きる目標に設定された少女、
澪は、仲間たちとともに苛烈な戦いに身を投じていく――。
製品仕様
【タイトル】魔女と剣と千の月
【ブランド】KAI
【発売日】2017年4月28日
【価格】8,800円(税抜)
【ジャンル】解放を求めて絶望に抗う変身ヒロインADV
【対応OS】Windows Vista/7/8/10
【種別】18禁

【原画】〆鯖コハダ
【SD原画】田宮秋人
【シナリオ】和泉万夜 他

KAI公式サイト