この島に逃げ場はない。好きになるか、孕むか、二つに一つ。WitchFlame『独占島』がマスターアップ

『独占島「あんたを好きになるくらいなら孕まされた方がマシよ!」』公式サイト

 WitchFlame(ウィッチフレイム)は4月5日、同ブランド最新作となるPCゲーム『独占島「あんたを好きになるくらいなら孕まされた方がマシよ!」』がマスターアップしたと発表しました。2017年4月28日に発売されます。価格は8,800円(税抜)。

 『独占島「あんたを好きになるくらいなら孕まされた方がマシよ!」』は、無人島という閉鎖空間を舞台にした強制的に好きになるか、孕むか二者択一アドベンチャー。主人公の特異な能力によって強制的に恋をするか、自分の意思で妊娠するかの選択を迫られた4人のヒロインたち。追い詰められていく彼女たちを弄ぶ!

 今作もレズなし、バイブなどの器具なし、他男キャラクターとの絡みなしの「完全独占」タイトルとなっており、個別ルート外のヒロインやモブキャラも他の男に渡す可能性を与えず、きっちりと最後の最後まで独占するとのことです。

ストーリー
夏休み、主人公、祠堂遼司(※姓名変更可)は
かねてから考えていた計画を実行に移す。
それは選別した女達を自身の所有物である無人島へと招待する事。
学生である主人公がなぜそんな物を持っているか、
それは彼が特異な能力を持っているからに他ならない。

『強制恋愛・隷属能力』
能力範囲内の者は時間、日数ごとに主人公への好意が嫌でも増していき、
最終的にはその全てを主人公へ捧げる事をも厭わない従順な下僕と化す。

その能力を用い、権力者や富豪達から様々な利益を得てきた。
島もその結果の一つ。

様々な手を使って招待したのはクラスメイトの定禅寺燈華を始め、
その親友の彼方此方、そして響辺魅悠、天娘舞夜の四人。
それぞれがこの夏を天国のような場所で特別な時間を楽しもうという期待を抱えてやってくる。

しかし、それは全て罠であり、期待は全て裏切られる事となる。
脱出不能の無人島から出る為には、主人公の娘を孕まなければならない。
それも出られるのは『二番目に妊娠した者だけ』という条件を突きつけられ、怯え、困惑、怒る女達。
自身が徐々に主人公の事を好きになっていくという、
抵抗できない感情の異常な変化にも恐怖を覚えながら、
望まぬ妊娠をしなければ出られないという理不尽な状況が襲い掛かる。

「母親になってこの島を出るか、俺の女になるか、二つに一つだ。考える時間はあまりないぞ」

製品仕様
【タイトル】独占島「あんたを好きになるくらいなら孕まされた方がマシよ!」
【ブランド】WitchFlame
【発売日】2017年4月28日
【価格】8,800円(税抜)
【対応OS】Windows Vista/7/8/10
【種別】18禁

【原画】いっせー
【シナリオ】須々木鮎尾、たかなみれい
【独占要素監修】

Witch Flame Official Home Page