ハイスピードガール育成シミュレーション!Island Belle『Dolphin Blade』が本日発売

Dolphin Blade
Dolphin Blade

 Island Belle(アイランドベル)は9月29日、同ブランドデビュー作となるPCゲーム『Dolphin Blade(ドルフィンブレード)』を発売しました。価格はパッケージ版8,800円(税抜)、ダウンロード版7,800円(税抜)。対応機種はWindows 7/8/10。

 『Dolphin Blade』は、次世代マリンスポーツ「ドルフィンブレード」の競技選手「ブレーダー」を育成するシミュレーションゲーム。プレイヤーはドルフィンブレードチームの監督となり、チームが背負っている借金を返済することが目的。高いレベルのレースに出ることで大きな賞金を得ることが出来るので、より強いブレーダーを育てよう!

キャラクター
アスカ・ノア(CV.結城ほのか)

 明るく元気なポジティブ系少女。ドルフィンブレードの2年連続学生チャンプ。ちょっといたずらっぽいところあり。本来なら弱小チームにくるような選手ではないが「のんびりできそうだから」という理由でチームに入った変わり者。

Dolphin BladeDolphin Blade

リィル・アシュレイ(CV.葵ゆり)

 母親も有名なブレーダーであった生粋のブレーダー。アイドルっぽく扱われるようになった今のドルフィンブレードに不満を持っている。実力よりもアイドルとして押し出していく方針のチームを辞め、現在に至るも状況はあまり変わっていない。本人は否定するが、アイスが大好物だったり、ぬいぐるみ集めが趣味だったりと、実はかなり女の子っぽい。

Dolphin Blade

ウイ・センゴウジ(千江寺 羽衣)(CV.秋野花)

 チームの前オーナーの孫娘で、子どもの頃からドルフィンブレードには親しみを感じていた。事務や他の選手のお世話もしていたため、しっかり者。ドルフィンブレードを本格的にやりはじめる前はテニスをやっていた。犬が苦手らしい。

Dolphin Blade

オトハ・シノギリ(詩乃霧音羽)(CV.水野七海)

 元はゆとりクソニートだった。競技としてのドルフィンブレードではなく、その技術的な部分に以前から興味を持っており、チームのデータベースに侵入してうっかり破壊してしまう。そのさいの借金を返すために半ば強制的にチームのブレーダーとなっている。技術面での知識は非常に高く、未熟なブレーダーとしてのテクニックをカバーしている。

テテ・ディンガ(CV.民安ともえ)

 褐色の肌をした少数民族ディンガ族の子。温厚な部族だが勝利を何よりも誉れとするため、とても負けず嫌い。ドルフィンブレードに無謀にも泳ぎで勝負を挑むも負けてしまったため「このままでは村に帰れない」と強引にチームに所属している。父はタタ、母はチチ、姉はツツ、ペットはトトという。

Dolphin Blade

ストーリー
モーターフロートシューズを使った水着の少女たちのマリンレーススポーツ 『ドルフィンブレード』。
統一連邦内でも、周囲を海に囲まれた島嶼管区である第81管区『ヤマト』では特に盛んなスポーツだ。

コウスケ(主人公=プレイヤー)は一流企業『アイハラ・エレクトロニクス・コーポレーション』に勤めるサラリーマン。
上司に媚びを売ったおかげで営業成績も上々、このままいけば出世は間違いなしであった。
しかし、媚びを売っていた上司があろうことか『わいせつ行為』で懲戒免職となってしまう。
社内での居場所がなくなったコウスケは関連会社への出向を言い渡されるのだった。

新しい職場はアイハラ社の孫会社の孫会社であるドルフィンブレードチーム。
いい選手が揃っているにもかかわらず毎年ロクな成績を上げられず、莫大な借金を背負い込む弱小チームであった。
アイハラ社に復帰するためには借金を全て返済しなければならない。
厄介払いは明白であったが「親会社への復帰」のため、コウスケは選手の待つ部屋への扉を開けた。

製品仕様
【タイトル】Dolphin Blade
【ブランド】Island Belle
【発売日】2017年9月29日
【価格】8,800円(税抜)
【ジャンル】ハイスピードガール育成シミュレーション
【対応OS】Windows 7/8/10
【種別】18禁

【原画】こなた / みけおう / あまみね / ひなたもも / くきは
【シナリオ】松下紗知 / Johnny内藤 / kid / みうらさぶろう / 高町健二
【音楽】ALVINE

Dolphin Blade – DMM.R18

Dolphin Blade(ドルフィンブレード)