ヒロインたちを穢し屈服させる催眠復讐ADV『絶対暗示マラオネット』がアニゲマにて配信

『絶対暗示マラオネット~催眠復讐ゲーム~』

 株式会社ビジュアルアーツは10月3日、エロ発信基地「わるきゅ~れ」が送る、「催眠能力を使い、ヒロインたちを穢し屈服させる」催眠復讐アドベンチャー『絶対暗示マラオネット~催眠復讐ゲーム~』をアダルトゲーム・アプリ・書籍などのAndroid総合マーケット「アニゲマ」にて配信しました。価格は1,512円(税込)。

 何をやってもダメなオタクの主人公は、日々クラス全員からいじめられていた。そんなある日、彼が一つの指輪を手に入れた事から始まる復讐劇――常識変換、肉体操作、変態洗脳、感覚支配、誤認和姦……!!ありとあらゆる催眠術でヒロインたちを催眠術にかけ、肉人形<<マラオネット>>に堕としてやろう!

 手に入れた催眠の力で憎き女たちを完膚なきまでにこわしてしまえッ!!さぁ、淫猥な催眠術ショーの幕開けだッ!

『絶対暗示マラオネット~催眠復讐ゲーム~』

ストーリー
主人公・早坂オサムは、どんよりとした学園生活を送る男子学生。
だらしのない外見で勉強も運動もダメ。 趣味は美少女アニメ鑑賞やオンラインゲーム。
そのため彼は、クラス委員の 野々崎唯菜 を中心としたクラス全員からイジメの標的にされていた。
彼にとっての救いは、自らが部長を務めるアニメ研究部の存在だった。

ある日 いじめに耐えかねたオサムは、ついに担任の 小芝可憐 に相談をするが、彼女の不手際でその事実が唯菜に漏洩。
イジメはさらにエスカレートし、報復として下着泥棒事件の犯人に仕立て上げられてしまう。

無罪を主張するオサムの懇願は聞き入れられることなく、可憐の擁護もむなしく停学処分に。
その汚名は瞬く間に学園中へ広まり、彼はさらに肩身の狭い学園生活を余儀なくされた。
さらには生徒会長・城戸彩愛 によって、アニメ研究部の活動停止処分を下されてしまう。

失意のドン底に叩き落とされ、憤怒に駆られるオサム。 そんな彼がワケあって部屋の掃除をしていると、
押し入れの段ボールの中から 赤く妖しい光沢を放つ宝石指輪 を発見する。
この指輪は過去にオサムが海外通販で購入し、今までその存在をすっかり忘れていたもの。
どうやら催眠効果があるらしいのだが…… 可憐に試してみると、なんと本当に意のままに操ることに成功してしまう。

「この力があれば、今まで僕のことを散々バカにしてきた奴らを見返すことができるッ! フヒヒ……フヒヒ……」

そして学園中を巻き込んだ、3人への催眠復讐劇が始まる!

『アニゲマ』について
『アニゲマ』は、『Kanon』『リトルバスターズ!』などの作品で知られる「Key」を有する株式会社ビジュアルアーツ(所在地:大阪府大阪市北区、代表取締役:馬場隆博)が運営するアダルトゲーム・アプリ・書籍などの Android 総合マーケットです。『アニゲマ』の前身『ビジュアルアーツマーケット』で販売していた『AIR』や『クドわふたー』などのKeyブランド作品のみならず、「ニトロプラス」「フロントウイング」「OVERDRIVE」など人気ブランドの130を超すラインナップを購入することも可能です。

利用人数:約55,000人
利用方法:『アニゲマ』への登録後利用可能(登録は無料)
権利表記:(C)VisualArt’s
URL:スマートフォン向け(Android専用)
http://anigema.jp/

アニゲマ – Smartphone Appli Game