『ものがたり』は予兆からはじまる。かわうそソフト『僕らの世界に祝福を』が本日発売

僕らの世界に祝福を
僕らの世界に祝福を

 かわうそソフトは11月24日、同ブランドデビュー作となるPCゲーム『僕らの世界に祝福を』を発売しました。価格はパッケージ版8,800円(税抜)、ダウンロード版7,800円(税込)。対応機種はWindows 7/8/10日本語版。

 『僕らの世界に祝福を』は、原画:古川れもんさん・ひかにゃんさん・磨鞘一佳さん・ひなたももさん、シナリオ:内藤自由さん・ゆづるぎさんが送る、ちょっと未来のパラダイムシフト世代アドベンチャーゲーム。

僕らの世界に祝福を

 ある朝主人公・一樹の目覚めと共にそこにいた『裸の2人の女の子』!?

 二人は昨日助けた子犬といつも遊びに来る半野良にゃんこだった(自称)2人はあることと引き換えに「恩返し」をしたいらしく…。

 降って湧いた様な『ふんわりエッチで優しい賑やかな日常』は、実はこの世の大転換の予兆だった!増える「ヒト化するペット」。

 それに伴って様々な立場の人たちの意思が一樹とハナ(わん娘)、クロ(にゃん娘)、幼なじみの美香、動物自警団団長?のもここ(???)、そして美香の友人の仁美や一樹を取り巻く様々な人々を(エッチな日常と共に)巻き込んでいく…

僕らの世界に祝福を僕らの世界に祝福を

ストーリー
『ものがたり』は予兆からはじまる。

この物語は、ある天変地異(パラダイム・シフト)の予兆から始まります。

主人公、『一樹』は一匹の仔犬を拾います。
真冬の雨の中、今にも凍えそうなわんこを拾い自宅に戻ります。

玄関先では半ノラの黒猫。

捕まえようとして、いつも逃げられてしまうのに、
この雨もあって珍しく部屋に入りたそうにしています。

『一樹』は快く二匹を部屋に向かえ、温かい毛布と暖房とご飯を提供します。

雨とストーブのかすかな音。

いつの間にか自分もそのまま眠ってしまい、その寒さから過去に起きた夢を見ます。

つらい別れの夢の中、ふと温かさが『一樹』を包み込みます。

やがて穏やかな面持ちで目覚めた目の前には
裸の美少女!?
製品仕様

【タイトル】僕らの世界に祝福を
【ブランド】かわうそソフト
【発売日】2017年11月24日
【価格】8,800円(税別)
【ジャンル】ちょっと未来のパラダイムシフト世代ADV
【対応OS】Windows Vista/7/8/10
【種別】18禁

【原画】古川れもん・ひかにゃん・磨鞘一佳・ひなたもも
【サブキャラ原画】たぢまよしかづ
【SD原画】もりおか
【シナリオ】内藤自由・ゆづるぎ
【音楽】たくまる・鯉渕結城

僕らの世界に祝福を – DMM.R18

かわうそソフト