小笠原諸島を舞台にしたひと夏の青春グラフィティ。PULLTOP『空と海が、ふれあう彼方』が公開

『空と海が、ふれあう彼方』公式サイト

 PULLTOP(プルトップ)は12月18日、同ブランド最新作となるPCゲーム『空と海が、ふれあう彼方』を発表し、同作の公式サイトを公開しました。2018年3月30日発売予定。価格は3,200円(税抜)。対応機種はWindows 7/8/8.1/10 日本語版。

 『空と海が、ふれあう彼方』は、東京から南に1000kmの南の島「小笠原諸島」を舞台に、都会の少年、家出のハーフの少女、地元の娘という、それぞれ住む世界が違う彼らが出会い、恋と友情を深め成長していくひと夏の青春グラフィティ。清涼飲料水のCMのような、甘酸っぱい青春の友情と恋模様が展開されるとのことです。

 企画・シナリオは紺野アスタさん、キャラクターデザイン・原画は八島タカヒロさん、ヤマシタコウジさん、SD原画は田口まことさん、美術設定は塩澤良憲さん、背景美術は岡部順さん、音楽はTWOFIVE、企画・ディレクションはYowさん。

『空と海が、ふれあう彼方』公式サイト

 公式サイトではイントロダクションやストーリー、登場キャラクター、イベントCG、予告ムービーなどが公開されています。

ストーリー
「取り戻しに行くの。
海に沈んだ、大切な宝物を――」

舞台は世界遺産の島、小笠原諸島。

水野洋輝は祖母の店を手伝うため、夏休みを利用して4年ぶりに島を訪れる。
その途中、定期船のデッキで、美しい金髪の少女・エミリィと出会った事から物語は始まる。

家出をしてきたというエミリィ。彼女の目的は、“海に沈んだ宝物”を取り戻しに行く事。
島で再会した幼なじみ・ちさは言う。

「幽霊船――地元でそう呼ばれている沈船よ」

嵐のたびに行方をくらませる沈没船に、エミリィが探す宝物はあると言うのだ。

美しい金髪の少女エミリィ。
小麦色に日焼けした幼なじみのちさ。

自然豊かな南の海で、ふたりの少女とスクーバダイビングに挑戦する、ひと夏の冒険の日々が始まる!

目指すは伝説の幽霊船。
それは、空と海がふれあう彼方にある――。

製品仕様
【タイトル】空と海が、ふれあう彼方
【ブランド】PULLTOP
【発売日】2018年3月30日
【価格】3,200円(税抜)
【ジャンル】アドベンチャー
【対応OS】Windows 7/8/8.1/10/Vista SP2 日本語版
【種別】一般(全年齢)

【企画・シナリオ】紺野アスタ
【キャラクターデザイン・原画】八島タカヒロ / ヤマシタコウジ
【SD原画】田口まこと
【美術設定】塩澤良憲と
【背景美術】岡部順
【音楽】TWOFIVE
【企画・ディレクション】Yow

PULLTOP オフィシャルサイト