三姉妹と暮らすうちに生き甲斐を取り戻す、人生やり直しADV!『隣りのぷ〜さん』ダウンロード版が配信

隣りのぷ〜さん
隣りのぷ〜さん

 たぬきそふとから2012年に発売されたPCゲーム『隣りのぷ〜さん』のダウンロード版がDMMにて配信されました。ダウンロード版の価格は7,344円(税込)。

 『隣りのぷ〜さん』は、生きることを諦めたネガティブ思考の主人公が、三姉妹と暮らすうちに生き甲斐を取り戻す、人生やり直しアドベンチャーゲーム。三人の姉妹が、三者三様のやり方で、あなたに生き甲斐を与えてくれる!(もちろんエッチな方法で)

隣りのぷ〜さん

キャラクター
華野梨咲子

華野家三姉妹の長女。
主人公が居候することになる原因を作った張本人。
元気な不思議系少女。謎のポジティブ思考で周りを明るくするのが得意。だが、本人には自覚がないらしい。
裏表のない性格で、どんなことをしても許してもらえるような、いわゆる得する性格。
自分勝手な部分もあるが、時には姉妹の相談に真剣に乗ってあげたりと、信頼は厚い。

隣りのぷ〜さん 隣りのぷ〜さん 隣りのぷ〜さん

華野美咲

花野家三姉妹の次女。
初対面でパンツを見られたこともあってか主人公のことをよく思ってないらしく、なにかと主人公に冷たく当たってくる。
しかし、主人公以外にはやさしくて気の利く普通の女の子。
主人公が来る前は、掃除・洗濯・ご飯の準備、三女の学校で使う雑巾を縫ったりと、家事的なことは全てやっていたらしい。
三姉妹のお母さん的存在で、姉妹唯一の常識人。

隣りのぷ〜さん 隣りのぷ〜さん 隣りのぷ〜さん

華野楓花

華野家三姉妹の末っ子。元気いっぱいの女の子。
長女と馬が合うのか(精神年齢的な意味で)、家では長女とよく遊んでいる。
両親不在の家庭で育ったせいか、普段はおとなしくて聞き分けのいい子。
他の姉妹にワガママを言ったりすることは滅多にない。
しかし、その反動からか主人公に対しては驚くほどワガママを言うことも。

隣りのぷ〜さん 隣りのぷ〜さん 隣りのぷ〜さん

ストーリー
早稲田伊知朗(わせだ いちろう)は自暴自棄になっていた。
会社をリストラされ、失業保険も切れた。残った貯金も、あと2ヶ月もすれば尽きるだろう。
死を覚悟した俺の脳裏に浮かんだのは、唯一微笑みかけてくれた女の子のこと。そう、通勤の時にいつも見かけた、ミニバイクの女の子のことだ。

「死ぬ前に、あの子のパンツが見たい……」

そう思い立った俺は、その子のパンツを覗こうといつも出会う道路に寝そべった。
しかし、見えたのはパンツじゃなくて、ミニバイクのタイヤだった。そう、俺は轢かれてしまったのだ。
暫くして気がつくと目の前には可愛い女の子が俺を見つめていた。

「えっと、俺って誰だっけ?」

「ええええっっっ!」

こうして、俺はミニバイクの女の子の家に連れてこられ、そして華野家に居候することになったのだった。

ミニバイクの女の子、長女の梨咲子ちゃん。

いつもツンツンしてる、二女の美咲ちゃん。

無邪気でかわいい、三女の楓花ちゃん。

三姉妹の家で主夫をしながら過ごす生活。女の子に囲まれ、そして頼られる毎日。
初めて見つけた自分の居場所。
こんな幸せな日々が続けば良いなぁと思っていたのだが、そうもいかなくて……。

隣りのぷ〜さん – DMM.R18

たぬきそふと オフィシャルサイト - 年齢認証 -