神待ちをしている家出少女を泊める代わりにご奉仕をしてもらうFrill最新作『神待ちサナちゃん』が公開

『神待ちサナちゃん』公式サイト

 Frill(フリル)は2月9日、同ブランド最新作となるPCゲーム『神待ちサナちゃん』を公開しました。2018年5月25日発売予定。価格はパッケージ版2,500円(税抜)、ダウンロード版2,300円(税抜)。対応機種はWindows 7/8/10日本語版。

 『神待ちサナちゃん』は、神待ちをしている家出少女、宿無し少女を自分の家に泊める代わりに、身体を使ってありとあらゆるご奉仕をしてもらうゲーム。原画を担当するのは伊倉ナギサさん。シナリオは白矢たつきさん、巽ヒロヲさん。

 神待ちといえば、少女との自宅でのただれたセックス。盛りだくさんの家エッチをはじめ、ときには場所を変えて、ネットカフェや公衆便所など、Frill安定の濃厚かつ充実のプレイ&エッチシーン数を、マルチエンディングのご満足いただけるボリュームでお届けするとのことです。

『神待ちサナちゃん』公式サイト

 本日公開された公式サイトでは『神待ちサナちゃん』のコンセプトやストーリー、キャラクター、イベントCGなどが公開されています。

ストーリー
10代の春、少女は“神さま”に出会う。

夜の街を戸惑いながらさまよう
家出少女、高尾紗波。
お金が底をつき、行くあてもない彼女は、
“神さま”がいるという コミュニケーションアプリ『ディアフレ』をダウンロードする。

出会ったのは、少女を泊める代わりに、
対価として彼女達の瑞々しい身体を求めるサラリーマンの青年、八條景(主人公)だった。

「ねぇ、今夜泊めてくれる…?」

無垢な少女のたどたどしいご奉仕は、
やがて悦びと快感へと変わっていく。

奉仕。快楽。救い。しあわせ。

秘密と背徳に満ちた生活の先に、
少女が求めるものとは――
製品仕様
【タイトル】神待ちサナちゃん
【ブランド】Frill
【発売日】2018年5月25日
【価格】パッケージ版:2,500円(税抜)
    ダウンロード版:2,300円(税抜)
【ジャンル】秘密と背徳とエロスの神待ちADVル
【対応OS】Windows 7/8/10日本語版
【種別】18禁

【原画】伊倉ナギサ
【シナリオ】白矢たつき、巽ヒロヲ

フリル|美少女ゲームソフトブランド