フィールド侵攻型魔城防衛SLG!ソフトハウスキャラ最新作『その大樹は魔界を喰らう!』が公開

『その大樹は魔界を喰らう!』公式サイト

 ソフトハウスキャラは2月5日、ソフトハウスキャラチーム++最新作となるPCゲーム『その大樹は魔界を喰らう!』を公開しました。2017年4月27日発売予定。価格はパッケージ版8,800円(税抜)、ダウンロード版7,200円(税抜)。

 『その大樹は魔界を喰らう!』は、人間界と別次元にある異界を舞台に、大魔族プリムティーネの忠実な部下となり、彼女の住む魔城「炎樹城」を動かし、大魔族たちと戦い、主君を魔王の座へと導くというフィールド侵攻型の防衛シミュレーション。

 キャラクターデザイン・メイン原画は紅村かるさん、サブ原画は皇征介さん・たかとうすずのすけさん・そらモチさん・かごのとりさん・アラタさん、シナリオは桃ノ雑派さん(アトリエクレアチオ)、サブシナリオは野山風一郎さん。

『その大樹は魔界を喰らう!』公式サイト

 本日公開された公式サイトでは『その大樹は魔界を喰らう!』の概要や登場人物、ゲームシステム、イベントCGなどが公開されています。

ストーリー
“魔王ハダシュト崩御”

その報せが魔界を覆ったとき、
ある者は驚き、
ある者は悲しみ、
ある者は嘆き、
ある者はほくそ笑んだ。

平和な御代であった。

先の大戦の傷跡を癒すような穏やかな統治を、多くの者が喜んで受け入れていた。
その魔王ハダシュトが後継者を定めずに亡くなったのである。
いずれ十人の大魔族の間で
権力闘争が始まることは火を見るより明らかであった。

乱世の気配が漂う中、志ある者は、これを機に立身出世を求めて大魔族に売り込みを始める。

ファビオ青年もその中の一人であったのだが、しかし門前払の日々が続く。
頭ではなく下半身でしかものを考えられない淫魔が役に立つはずがない。
淫魔が居るだけで風紀が乱れる。
淫魔を雇うなんて無駄だ。
そんな心ない言葉を浴びさせられながら、流れ流れて、最後にたどり着いた

大魔族『塊然』

の元で、ようやく仕官を得ることに成功する。

自分を拾い上げてくれた主君に忠義を尽くすべく、ファビオは誓う。
己の全能力を懸けて、この人を必ず魔王にしてみせると。

魔界という火薬庫は、今まさに炸裂しようとしていた。

後世、魔王ハダシュトの時代をさして、火種が燻り続けた時代と称された所以である。

ゲーム概要
プレイヤーは、大魔族プリムティーネの忠実な部下(参謀)となり、 彼女の住む魔城「炎樹城」を動かし、大魔族たちと戦うことになります。

「炎樹城」は、

「移動」する事で敵大魔族の領土を進行し、

「戦闘」を仕掛け、城内に「配置」した仲間たちで迎え撃つ事が出来ます。

「開発」「建設」をすることで炎樹城を強化。

「雇用」で強い魔族を仲間に引き入れ、プリムティーネ軍を成長されていきます。

敵をなぎ倒しながら(淫魔の力で)配下を増やし、目指すは主君を魔王の座に。
製品仕様

【タイトル】その大樹は魔界を喰らう!
【ブランド】ソフトハウスキャラ
【発売日】2017年4月27日
【価格】パッケージ版:8,800円(税抜)
    ダウンロード版:7,200円(税抜)
【ジャンル】フィールド侵攻型魔城防衛SLG
【対応OS】Windows 7/8/10
【種別】18禁

【メイン原画】紅村かる
【サブ原画】皇征介、たかとうすずのすけ、そらモチ、かごのとり、アラタ
【シナリオ】桃ノ雑派(アトリエクレアチオ)
【サブシナリオ】野山風一郎

ソフトハウスキャラ~入り口~